スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにフィールドアスレチックのある雑木林に!

  秋の真っ直中になりましたね! お盆前から長い間雨が降らなかったので、畑や草木が雨を待ちこがれてきました。久しぶりに二日ほど前に雨が降り、長命湿地も潤ったことでしょう。長い日照りのためなのでしょうか、わが庭の真ん中にあるカツラが黄葉してしまったのです。紅葉と言えばこの地方では11月なのですが、このカツラは異常に早く黄葉してしまったのです。今は、黄葉した葉がどんどん落葉して、庭がカツラの葉で敷き詰められてしまいました。このところの急激な冷え込みのせいかもしれません。早朝は寒いくらいです。   

カツラの黄葉

 

  昨日は、久しぶりにフィールドアスレチックのある雑木林に行きました。この春から長命湿地に入り浸りでしたので、これまでずっと通い続けてきたフィールドアスレチックのある雑木林に行っていなかったのです。ササが繁茂してしまったのではないかと心配していたのですが、下の写真のように思ったほどではありませんでした。2時間ほど階段の小径と遊園地の部分の草刈りをして汗を流しました。ササが生えると、他の草本類が育たなくなってしまうからです。見たところ、草本類はまだ生えていませんでした。

雑木林の草刈り

  見回っているうちに、リョウブの木に異変が起こっているのに気付きました。リョウブの木の下の方の幹が、皮がはがされて赤っぽい幹になってしまっていたのです。それも一本だけではありません。下の写真に見るように、ほとんどのリョウブの木がやられていたのです。シカの食害です。リョウブの皮は甘みがあって、シカが好んで食べるのです。ですから、シカの背丈を超えるところは食べられないので、上の方は残っているというわけです。昔は人間も、飢饉の時のために山にリョウブを植えたということです。シカは賢い!!

シカに食われたリョウブ

   ネジキの木に実が生っていました。秋ですね。下の写真のようにいろいろの色をした実が生っていますが、最終的にはどんな色になるのでしょうか。

ネジキの実

  草刈りの作業をしていたら、黒っぽいチョウが舞ってきました。全体に黒くて、羽の先が白いのです。図鑑で調べたところ、クロヒカゲというチョウであることが分かりました。チョウの同定は、表の模様だけではなく、裏の模様も大事です。裏にはジャノメが二つありました。ボクははじめてであったチョウです。うれしい!! 

クロヒカゲ1

 

クロヒカゲ2

 

  この雑木林にも、時々来て草刈りなどの環境整備と、遊具の点検に来なければいけませんね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。