FC2ブログ

Oさんがサンショウウオを捕獲! 始めてみました!

   昨日、早朝から長命湿地の整備に行きましたが、Hさんの娘さん夫婦が帰省していて、湿地に訪ねにきてくださいました。ひとしきり話し終わった頃、植物の専門家のOさんが、興奮した面持ちで来られました。彼は、長ノ山湿原でサンショウウオヒメタイコウチを見つけ、ビンに入れて持ってきたのです。両者共に、作手では滅多に見られない生物ですので、興奮するのはもっともです。

ビンの中ヒメタイコウチ

   上の写真が、ビンに入れたヒメタイコウチです。下がサンショウウオということです。サンショウウオは、こんなに小さいのですね! 体長が5cm程しかありません。「おそらくトウキョウサンショウウオではないかと思います。これ以上あまり大きくならないんですよ。イモリの半分くらいの大きさかな? 近くの博物館に行って正確に鑑定してもらってこようと思っています。」と語っていました。おそらく、大発見なのでしょう。可愛いですね。イモリは長命湿地や他の場所でも見たことはあるのですが、これは初めてです。ボクも興奮しました。
      と書きましたが、Oさんが数日後に訪れて鑑定していただいた結果を報告してくれました。「これはオオサンショウウオではなく、イモリの幼いものと分かりました。イモリは、小さいうちは腹が赤くないのです。間違ったことを教えるのは心苦しいので報告に来ました。」と言っていました。残念!

サンショウウオ

  Hさんたちにもお見せしようとHさん宅のあずまやで、しばし歓談。そこでも珍しい植物を見て、皆さん子どものように喜んでいました。そこで見たフシグロセンノウが下の写真です。先回、面ノ木園地で見たものと同じですが、色がさらに鮮やかなのです。同じ種類でも、花の色などは、土壌や環境によってこんなに違うのですね。

鮮やかフシグロセンノウ

   ワレモコウが咲いていました。ボクは一度も見たことがないので、是非見たいと思っていた植物です。きれいです!! かわいいです!! こんなに色が鮮やかなのですね。写真の下の方に見える赤いものは、アセビの新芽です。花ではありません。

ワレモコウ

   隣りに咲いていたオミナエシも、実に色鮮やかな黄色の花でした。ハチがとまっていました。

色鮮やかオミナエシ

  わが家では、数日前からタカサゴユリが咲き始めています。目立ってきれいなのですよ! 去年は数本でしたが、今年はどういうわけか3倍以上に増えています。花たちは、なんと我々の目を楽しませてくれるのでしょうか。

庭のタカサゴユリ

 

タカサゴユリ

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード