スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面ノ木園地にレンゲツツジが生えていました!

  面ノ木園地の湿地の植物たちのつづきです。

  下は、サワヒヨドリです。薄いピンクの花がきれいですね。日当たりの良い湿地に生える植物です。

サワヒヨドリ

   中には、下のような赤いサワヒヨドリもありました。

赤いサワヒヨドリ

  下は、ノギランです。山地の湿ったところや湿地の周辺に咲くラン科の植物です。根生葉は写真では見えませんが、ロゼット状。そこから20~50cmノ茎が出て、その先に穂状に淡黄褐色で緑色を帯びた小さな花をたくさん付けます。 

ノギラン

   驚いたことに、ここにもレンゲツツジがありました。花はとっくに終わって葉だけしか見られませんでしたが、葉の形は長命湿地で見たのと全く同じです。ここでも見られるなんて、驚いたわけです。

レンゲツツジの葉

   下りきったところに生えていたのは、トチノキです。落葉の高木で、高さは20~30mにもなります。大きな葉は掌状複葉で、夏になるとその上に丸い褐色の実を付けます。ピンポン玉くらいの大きさです。写真は、トチノキの実が生っていたので写しました。ボクは花は見たことがあるのですが、実は見たことがなかったので大変興味がありました。下の写真のような面白い形の実を付けるのですね。

トチノキ

 

トチノキの実

  タマアジサイも花を付けていました。普通のアジサイはよく見かけるのですが、タマアジサイを見ることは滅多になかったので、興味を持ちました。大きな葉の上に茎をつきだして、その先に白い玉が付きます。それが開花すると、普通のアジサイの花となるのです。

タマアジサイ

   帰り道に、下の写真のようなカラスアゲハを見ました。ホントに美しいチョウで、しばらく見とれていました。しかし、右の尻尾が切り取られていて、痛々しいですね。

カラスアゲハ

 

   以上のように、面ノ木園地は、植物を観察するのにとても良い場所ですね。何度も訪れたいところです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。