スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長命湿地の生き物たち! 種の同定は難しい!

  このところ雨が多くて作業が進みません。一昨日、長命湿地を歩いていて気が付いたことをお話しします。

  下は、セミの抜け殻を写しました。かなり小さいので、ヒグラシの抜け殻だろうと思います。湿地で今、一番多く鳴いているセミです。どのくらいたくさんいるのかは全く分かりません。数百? 千? ヒグラシは夕方になると鳴き出す、と思っていたのですが、早朝4時ころに起きたら、ヒグラシの大合唱でした。図鑑の説明によれば、鳴くのは早朝と夕方で、早朝の方が良く鳴く、と書いてありました。

セミのさなぎ

  下は、湿地の西側の雑木林の中に止まっていたチョウです。黒い羽の真ん中に白い模様が浮き出ており、羽の縁辺が白く縁取られています。美しいチョウですね。特徴がはっきりしているのですぐに分かるだろうと思っていたのですが、調べてみると該当する種がないのです。分かる方は、是非教えてください。
   ブログを見て下さった方から、次のようなコメントをいただきました。「写真の蝶は、ウラギンシジミのメスだと思います。オレンジ色の紋のオスに比べ、水色の紋のメスは目にする機会がとても少ないです。非常に新鮮な個体ですね。つややかな翅が綺麗です。」とのことでした。ありがとうございました。

ルリタテハ?

  先回はチダケサシが生育していることを報告しましたが、さらに広く分布していることが分かりました。花もたくさん付いてきました。下は、薄いピンク色をした花を写しましたが、あまりにも薄くて、色が出ていませんね。 

ピンクのチダケサシ

   先にヌマトラノオが花を付け始めたことをお話ししましたが、少しずつ増えています。下は、別の花を写しました。少しずつでも、増えていくのは嬉しいものですね。

ヌマトラノオ3

  レンゲツツジの花の見頃ははるかに過ぎてしまいましたが、花を付けた株にはレンゲツツジの実が付き始めました。葉の根元に楕円形の玉が着いていますが、それが実です。こんな実が付くなんて、知りませんでした。 

レンゲツツジの実

  下の白い花はセリの花ですが、6月末頃から咲き出したのにまだ咲いています。中央のレンゲツツジの周辺に、大きな群落をなして密集して咲いていましたので、よく目立ちます。茎が太くて四角形をしているのですね。花の右側に見える植物、細い枝先に丸いピンクの花?が着いている植物は何でしょうか? 分かりません。花が咲いたら分かるかもしれません。

セリ?

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。