FC2ブログ

わが池にアカガエル発見! 今回は動物編!

   わが家の池に、アカガエルが登場しました!! トノサマガエルとアマガエルしか見られなかったのですが、アカガエルは初めてです。赤い身体の色がきれいですね。茶色の縞模様や黒いまだらもきれいです。足の三本の指先の内、真ん中の一本が長いのです。これも面白いですね。今回は、庭や周辺を散歩したときに出会った生き物の内、動物編としましょう。

池のアカガエル

  その水槽の中に、下の写真のようにたくさんのトノサマガエルが集まっていました。水質を浄化しようと前に炭を入れておいたのですが、どういう訳か、炭と関係があるのか、なにしろ毎日のようにたくさん集まるのです。数えただけで、8匹も!! サワガニも、いつも2、3匹はいます。なぜなのでしょう??? 不思議ですね。

トノサマガエルうじゃうじゃ 

  田んぼから流れ出した水たまりに、オタマジャクシがうじゃうじゃいました。トノサマガエルのオタマジャクシではないかと思うのですが、オタマジャクシから種を判定するのは難しいです。

オタマジャクシ

  下は、庭で見たサナエトンボの仲間、コサナエだろうと思います。オニヤンマほど大きくなく、黄色の模様がきれいです。両方の複眼の前に、黄色いものが付くのも特徴ですね。あまり見かけないトンボです。数日前、ネットで今年発表された愛知県のレッドリストの昆虫編を見ていたら、コサナエが絶滅危惧種に入っていたことを思い出しました。

コサナエ

  下は、オオシオカラトンボのオスです。青白い胴体と、羽の付け根に色が付いているのが特徴です。メスがムギワラトンボのような色をしています。

オオシオカラトンボ

  農道に、ウスバキトンボが飛んでいました。全体が黄色のトンボなのです。羽まで黄色です。前に庄の沢湿地で出会ってご紹介したのを覚えておられるでしょうか。

ウスベキトンボ

   下のトンボは、何でしょうか? きれいですね! 図鑑に寄れば、カワトンボに間違いないと思います。カワトンボは、羽が透明の型と橙色のタイプがあるそうですが、これは橙色のタイプです。色がきれいですね。
  みな珍しいトンボで、ボクの子どもの頃には見なかったトンボばかりです。

黒いトンボ

   トンボの次はチョウです。
  下は、ベニシジミだろうと思います。イタドリだと思いますが、赤い葉脈の葉の上に止まっていたものです。葉の色と調和していますね。

ベニシジミ 

   下は、シジミチョウの仲間であることは確かですが、図鑑ではヤマトシジミが一番近いです。これも、羽の裏と表とでは色や模様が全く違います。表が写るともっと正確に種の同定ができるのですが、・・・・。

 

ルリシジミ?

  下は、おそらくスジグロモンシロチョウでしょう。ノコンギクの黄色の花と良く合いますね。

白いチョウ

  昼過ぎに庭に出たら、きれいなチョウが舞っていました。下二つの写真は、ツマグロヒョウモンのメスです。表も裏も、その模様が実に美しいのです。オスには、周囲を縁取るブルーの模様がありません。メスの方が美しいですね。去年も感動してブログにのせましたが、見るたびに感動してしまいます。

ツマグロヒョウモン1

 

ツマグロヒョウモン2

  昆虫や動物をご覧いただきましたが、みな本当に美しいですね。神さまが作った!としか言いようがありません。  

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード