FC2ブログ

庭のウノハナに集まるチョウが美しい!

      今、わが家の玄関前のウツギが満開です。真っ白の花がすべての枝先について、葉が見えないほどです。一昨年だったか、繁茂した枝を切ったら、幹が中空で穴が空いていたのです。なるほど、それで空木(うつぎ)というのだと分かりました。野山にも、ぽつぽつとウツギが咲いています。

満開のウノハナ

   そのウツギの花を目がけて、たくさんの昆虫が寄ってきます。それこそ無数に! ウツギの花を「ウノハナ」と言いますね。歌の歌詞に「ウノハナの臭う垣根に・・・・」というのがありました。ボクは鼻が悪いのか、少しも臭わないのでが、ホントに臭うのでしょうか。あるいは○○フェロモンのような、昆虫にしか分からない臭いの物質を発散しているのかもしれません。寄ってくる昆虫のうち、ボクらに目立つチョウをご紹介します。

フタスジチョウ?

  上と下の写真は、同一のチョウを撮影したものですが、羽を全開してくれませんでしたので、表の模様が分からず、種名を特定できませんでした。チョウは、羽の表と裏とでは模様が全く違うのです。フタスジチョウあるいはホシミスジかもしれません。
  チョウは、移り気です。しばらく花を転々としていたかと思うと、よそに飛び去ってしまいます。そのうちにまた現れるのですが、じっくりと止まって花の蜜を吸うことがありません。このチョウをたくさん写したのですが、表の模様を写すことができなかったのです。でも、きれいのチョウです。

フタスジチョウ??

  下の写真は、ミスジチョウです。表の模様は、三本の白い帯のように見えます。それで三筋と名が付いたのでしょう。ウノハナのアップの写真にも生りました。ウノハナがきれいですね。 

ミスジチョウ

  下は、これまでに何度かお見せしたベニシジミで、ハルジオンの花に止まっています。羽が1.5cm程度しかない小さなチョウです。名前のように、朱色が目立ちます。とくにこの個体は色が鮮やかですね。 

ベニシジミ

  これも種名が分かりにくかったのですが、モンキチョウのメスではないかと思います。モンキチョウのオスは、黄色いチョウの代名詞のようなものですが、メスは白いのです。これも図鑑を調べていて初めて気が付いたことです。

モンキチョウのメス

  下は、ヒメウラナミジャノメというチョウです。小さなチョウですが、黒っぽい地に蛇の目がきれいです。

ヒメウラナミジャノメ

  こんどは、植物を! 下は、庭に咲いたヤマホタルブクロです。ホタルブクロは白ですが、ヤマホタルブクロはピンクです。釣り鐘状に下を向いた大きな花が美しいですね。しばしば、山の道ばたでも見かけます。

ヤマホタルブクロ

  裏の水車のわきに生えてきたウメモドキに花が咲きました。小さなピンクの花が枝下にいっぱい付いています。秋になると、真っ赤に実が付いて小鳥たちの食べ物になります。

ウメモドキの花

  庭の植物や昆虫(チョウ)をご紹介しました。動植物を楽しむって、素敵なことですよ、ね。 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード