FC2ブログ

長命湿地の整備が少しずつ進んでいます!

    昨日の午前中は、長命湿地の整備でした。湿地のほぼ中央を南の方に向かって新しくヨシ原を刈り、そこにブロックと板で小径を作りました。ようやく南の方のヨシ原が切り開かれて向こうまで貫通しました。板を使っての小径は途中までですが、・・・・。ぬかるみに足を取られながらのヨシ原の伐採は、とても疲れます。長靴が泥にはまって抜けなくなるんです。でも、草を刈るというの成果がはっきり分かりますので、達成感がありますね。左側の樹木はハンノキだろうと思います。

新しく切り開いた小径

   一月くらい前に刈ったところは、下の写真のように新しいヨシが生えてきて、草ボウボウになっています。新芽が出終わってから刈ると良かったのですね。再び刈り直さなければなりません。

もうこんなにヨシが!

   この湿地の畦に、変なキノコが出ていました。キノコの名前は分かりません。キノコには、おかしい形があるのですね。

変なキノコ

   ボクの連れ合いが発見したのですが、大きなクズの葉を採ろうとたぐっていったら、下の写真のような黒くて太い幹に出会ったのです。せいぜい2~3cmの太さのクズは見たことはあるのですが、こんなに太いクズには出会ったことがありません。太い部分は、直径が8cmくらいにもなります。繁殖したらやっかいですので、ノコギリで切ってみると、とても柔らかいのです。考えてみれば、クズは草本ですもの、ね。近くに大きな穴が空いていたのは、イノシシがクズの根を掘った穴なのだろうと推測しました。

太いクズの木

   下は、ゼンマイであることをHさんに教えていただきました。出始めの頃に、先がクルクルと巻いている姿は知っていたのですが、葉がこんな風になることは知らなかったのです。

ゼンマイ

   下は、湿地の中で見た草本の花なのですが、種名は分かりません。とてもきれいな花ですね。

何の花?

 

  Hさんの雑木林に、イチヤクソウやムヨウランが出ているから見に来ないかと誘われて、行って見ました。しかし、あまりに小さく、望遠レンズしか持って行かなかったので、ピントが合わずに写せませんでした。近いうちに撮影を試みようと思います。下は、そこに生えていたトンボソウです。花はついていませんが、花がトンボの姿に似ていることから付いた名前だと聞きました。ラン科の珍しい草本ですね。 

トンボソウ

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード