FC2ブログ

北山湿地で見られた植物たち つづき!

  北山湿地のつづきです。先回は貧栄養湿地特有の植物を紹介しましたが、湿地以外の植物を見ましょう。
  下は、イヌツゲの花です。木道を歩いていたら、木道に小さな花びらが散っていました。見上げると、イヌツゲの木に花が咲いていたのです。葉の付け根から、淡い黄色の花弁を持つ花でした。イヌツゲは常緑の低木で、小さな葉を付ける樹木として知っていたのですが、これまでどんな花が咲くかを知らなかったのです。初めてその花を見ました。この地方の雑木林では普遍的の存在するので、注意してみることがなかったのですね。

イヌツゲの花

 

  去年の連休の頃、白い花を付けて山の斜面に群生するヤマイワカガミを見たことがあります。それは美しく、写真にして飾っていました。下は、花期を過ぎたヤマイワカガミです。黄色の穂のようなものが出ていますが、花を付けていた穂なのでしょう。

穂を出したイワカガミ

   下の二枚の葉は、スズカカンアオイです。看板にも出ていたのですが、この湿地ではギフチョウの保護を唱っていました。春の妖精とも言われる美しいチョウがギフチョウで、その食草がこのスズカカンアオイなのです。春先にスズカカンアオイの葉の裏に卵を産み付け、葉を食べて成長し、5月連休の頃に羽化して舞います。この葉がなければギフチョウは生存し得ないので、これを保護することがギフチョウを守ることになるわけです。心ないマニアがギフチョウを乱獲して、個体数が激減しているので、絶滅が心配されているのです。

スズカカンアオイ

  下は、作手に湿地にも生えているヤマドリゼンマイです。大きく成長して羽を広げている様子は、美しいですね。 

ヤマドリゼンマイ

   道ばたに、バイカツツジが咲いていました。ウメのような花を咲かせるのですが、ツツジなのです。これも、あまり見かけない種ですね。

バイカツツジ

   道沿いには、下のようなネジキの花が咲いていました。作手の雑木林にもたくさんある落葉低木ですが、釣り鐘型の小さな花が枝の下に鈴なりに付く様子は美しいです。

ネジキの花

   妙なものを見ました。下は、クチナシの葉です。去年の夏に来たとき、この木に白いクチナシの花が咲いていたのを思い出しました。野生のクチナシが繁茂しているのです。この辺の山では、あまり見かけません。

クチナシの葉

   太さ20cmくらいの樹木の幹に、クロバイと書いた名札が付いていました。その幹が黒くて目立つのです。これも、見たこともない樹木です。特徴的な幹だけで、樹種が判定できそうです。葉の特徴は、高くてよく見えませんね。

クロバイの幹

 

クロバイの葉

  二回にわたって北山湿地の植物や昆虫をご紹介しましたが、貴重な自然の宝庫のようなところです。岡崎市では、市民のヴォランティアによって、この湿地が見事に保全されています。素晴らしい取り組みですね。

   

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード