FC2ブログ

庄の沢湿地にハッチョウトンボが! この湿地はトンボの楽園!

  先先回、庄の沢湿地にハッチョウトンボが発生したことを話しだけしましたが、それはカメラのカードを忘れて撮影できなかったからです。水曜日に行ってきました。前よりももっとたくさんのハッチョウトンボが草に止まっていました。下の写真の真っ赤なトンボがオスで、黄色っぽいのがメスです。身体が小さくいので、なかなかピントが合いにくかったのです。小さくて目が慣れないと、なかなか探せません。目をこらしてみると、至る所に止まっていました。ホントにきれいなトンボですね。

ハッチョウトンボのオス

 

ハッチョウトンボのメス

   先回も紹介したハラビロトンボも、オス、メスともに撮影ができました。オスは黒っぽいブルー、メスは黄色っぽい色をしています。このトンボも、美しいですね。

ハラビロトンボのオス

 

ハラビロトンボのメス

  今回の発見は、下の写真に写っているウスバキトンボです。身体も羽も、薄い黄色なので、つい見逃してしまいそうになりました。これもきれいなトンボです。

ウスバキトンボ

   その他にも、木道にサナエトンボの仲間の死骸にアリが寄ってきていました。入り口の方にある水辺(ビオトープ)には、ギンヤンマが飛んでいました。イトトンボの仲間もいたのですが、撮影はできませんでした。

  チョロチョロと木道に姿を現したのは、下のカナヘビです。全体に茶色ですが、よく見ると腹や足の模様がきれいですね。それに、尻尾がなんと長いのでしょう。

カナヘビ

   周囲にオオルリのさえずりが聞こえていましたが、姿はなかなか見つかりませんでした。連れ合いがようやく松の木のてっぺんにオオルリを見つけたのですが、遠くてシルエットになってしまいました。本当は、ブルーの羽を持つきれいな小鳥なのです。

オールリ

   植物で目に付いたのが、下の写真のニガナです。どこにでも生えている雑草ですが、黄色い花がきれいです。それが湿地の一面に咲いているのです。おそらく根が水にも強いので、湿地でも繁茂もしたのでしょう。もちろん、トキソウがたくさん咲いていてきれいでしたが、先回もご紹介したので省略します。

ニガナ

 

一面に咲くニガナ

 

  ノハナショウブの葉が伸びてきましたので、咲くのはもうじきだと思います。季節ごとにご紹介しましょう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード