FC2ブログ

向山湿地の生き物たち

   庄の沢湿地をあとに、向山湿地に行きました。その一番奥に、ミカワバイケイソウが大きな葉を広げていましたが、まだ花は咲いていません。大きな白い花が咲くのですが、開花が楽しみです。

ミカワバイケイソウ

 

  下は、ノリウツギの葉先に止まったヒメウラナミジャノメを写したものです。蛇の目がきれいですね。ジャノメチョウのジャノメという名前は、鳥たちの攻撃をかわすために、蛇の目のような模様をつけたという説があります。もう一つは、トリたちが蛇の目を攻撃して羽が傷つけられても、身体を食べられないようにするためという説もあります。どちらなのでしょうか、ねえ。

ヒメウラナミジャノメ

  シオヤトンボのメスがいました。黄色い尻尾がきれいですね。 

シオヤトンボのメス

   嬉しかったのは、下の写真のタテハチョウの仲間、ルリタテハに出会ったことです。あまり見かけないチョウで、美しい羽の模様を持っています。ボクは初めて見ました。感激!!

ルリタテハ

   ここにも湿地のわきにも、ミズキが咲いていました。白い花がきれいですね。

ホウノキ1

   帰り道の道ばたに、たくさんの大きな花を付けたホウノキがありました。大きく成長するので、大きな葉の上に花を付けるホウノキは、下からではなかなか花を見ることができません。ここはまだ小さな樹木でしたので、近寄って花を見ることができました。下の写真は、花弁が開きかけたところ、その下は開いたところ、さらにその下は多くの花弁が散ってめしべだけが残ったところです。本当に、自然の造形美に心打たれますね。

ホウノキの花1

 

ホウノキの花2

 

ホウノキの花3

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード