FC2ブログ

近所のMさん宅でリスの撮影に成功!!

   昨日は晴天でしたので、午前中は旧田んぼ湿地の作業をしましたが、そのことは後日にします。午後から雲行きが怪しくなったので、雨が降らないうちに湿地周りをしてみようと出かけました。そのことも後日にしますね。
  その帰り道、Mさん夫妻が道路に出ておられたのでお寄りしたら、「うちにリスが来るんですよ! すぐに来るかどうか分かりませんが、見に来てください」と言われ、お言葉に甘えて雑木林の中のお宅にお寄りしました。

ギンリョウソウ

  早速迎えてくれたのが、上の写真のギンリョウソウです。落ち葉を押しのけて、ニョキッと顔を出していました。まるでロウのような色をしているので、どう見ても植物とは思えないのですが、れっきとした草なのですね。普通の植物は光合成して葉緑体を作るので、植物は緑色になるわけですね。しかしこれは、腐生植物といって、光合成をしないで土の中の腐食をエネルギーにして成長するのだそうです。変わった植物ですね。くらい森の中で、まるで幽霊のようなキノコに見えるので、ユウレイタケとの別名もあるそうです。
  次に迎えてくれたのが、ヤマガラです。水飲み場として置いてある壊れた壺の破片上に止まって、しきりに身体を動かし、さえずっていました。可愛いですね。

ヤマガラ1

  家の中からでないと見られないということで、家に招かれました。ほんの10分ほどして、リスが家の外のウッドデッキに登場しました。グレイのふわふわの毛で包まれ、ふさふさとした長い尻尾を持っています。中の歓声は聞こえないのでしょうか、ウッドデッキの上に置いたバードクッキーをひたすら食べています。可愛いですね。

リス1

   下は、アップの写真です。Mさん宅には、ほぼ毎日やってきますが、確認しただけで三匹のリスがやってくるのだそうです。三匹だと分かったのは、庭の高いコナラの木に、三匹が同時にすごい早さで上り下りしているのを目撃したからと言います。それぞれに個性があって、よく見ると見分けられるのだそうです。写真のリスは、Mさんが正太郎と名付けたやつです。

リス2

  長いふさふさとした尻尾が可愛いですね。でもこの時は、尻尾を背中の上に上げることはしませんでした。そうすると、もっと可愛いそうです。バードクッキーは、油と砂糖と小麦粉で作るので、とても栄養があります。Mさんは、「そのうちメタボになって死んでしまうのではないか? ホントはこんなものを与えるのは良くないと思うんですが、・・・・」と言います。そうかもしれませんね。 

リス3

   またMさんは、「リスは長い尻尾があるから人間に可愛いがられるけど、尻尾が細ければネズミですよね、そしてみなに嫌われるでしょ! 人間なんて勝手なものですなあ!」と言います。確かに!!

リス4

  しばらくするうちに、ウッドデッキにヤマガラがやってきました。やはりバードクッキーを食べるためです。こんなに近くで小鳥を撮影できたことはありません。生き物は素晴らしい!!

ヤマガラ2

 

ヤマガラ3

  Mさんのお連れ合いは、「みなさんに教えていただいて、巣箱を設置したりして小鳥たちがやってくるのも、リスたちがやってくるのも、楽しいものですね、自然には無関心だった私たちも、自然のファンになりました!」と言っておられました。 

  30分ほどおじゃましただけですが、ホントに楽しいひとときでした。Mさん夫妻に感謝!!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード