FC2ブログ

文珠山は祭りの準備! 向山湿地はハルリンドウ真っ盛り!

     次に、文珠山に立ち寄りました。文珠山は、村役場から10分ほど山道を上ると、その山頂にあります。そこにヤマザクラやブナの大木があるので、この新緑の季節ならと思い出かけたわけです。ちょうど今日は文珠山の観音様のお祭りがある日ということで、数人の村の人たちがのぼり旗を立てたり、祭りの準備をしていました。昔の砦があったので、太い丸太でやぐらが復元されています。

文珠山城趾櫓

   村の人びとは、知恵の神さまとしてこの文殊観音を信仰しています。小さな石仏がたくさんありました。

文殊観音

 

石仏

   お目当てのブナの巨木は、すでに芽が吹き出して新緑でした。この村の銘木の一つです。

ブナの巨木

   大分花の時期は遅かったのですが、まだ見事に咲いていました。逆光にシルエットになっているヤマザクラがきれいですね。

ヤマザクラ

   少し戻ったところの道ばたに、シャクナゲが真っ赤な花を付けていました。山頂付近のシャクナゲはまだつぼみでした。村の人によると、真っ赤の花は外来種だと行っていました。本当はピンク色なのだそうです。

シャクナゲの花

  そこからさらに、向山湿地に行きました。ハルリンドウがいっぱい咲いていました。見事です!!  

ハルリンドウ

   ショウジョウバカマも咲いていました。もう終わりの頃なのでしょうか、湿地にぽつん、ぽつんと咲いているだけです。湿地の中にぽつんと咲くショウジョウバカマは、清楚で美しいですね。

ショウジョウバカマ

   下は、モウセンゴケではないかと思われる植物です。まだ花は咲いていません。地表面に赤っぽい葉が見えますね。もうじき、その中から抜き出て花が咲きます。どんな花が咲くでしょうか、楽しみです。

モウセンゴケ?

  

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード