FC2ブログ

わが家のソーラーパネルの修理を!

  わが家のソーラー・システムも、設置してから10年近く経ちます。しばらく前に、保証期間の満期が近づいたので、設置した業者が点検に来ました。検査したところ、本来の発電量よりも3割近く減っているというのです。中部電力の発電量を記載した書類をきちんと取っておかないものですから、そんなに劣化しているとは思っても見ませんでした。本来なら最大で4kwhくらい発電するのですが・・・・。ソーラーパネルのメーカーは京セラ。設置した頃は国からの約半額の補助があり助かりましたが、その後補助が打ち切られていたので、良い時期に設置して良かったと思っていました。
  来年から国の補助が復活すること、また電力会社の買い上げ料が倍になること等の法律が、今国会にかけられているとか聞きました。ようやく自然エネルギーの拡大に、国が積極的になってきたことは良いことですね。いつまでも化石燃料に頼るのでは、地球温暖化を引き起こしてしまうのですから、早く転換していかないと取り返しの付かないことになりますからね。

ソーラーパネル取り替え

 

  一昨日は、屋根のソーラーパネルを取り外す作業が行われました。全部で20枚のパネルを屋根からはずして下ろし、車に積み込みました。メーカーの京セラに運んで修理するのだそうです。業者に聞いたところ、京セラは劣化した原因を明らかにしないので、うちの劣化の原因は分からないそうです。それもおかしな話ですね。
 ソーラーパネルを近くで見たことがなかったのですが、下の写真のようなものです。こんなもので発電ができるなんて、不思議ですね。修理は20日くらいかかるとのことです。ソーラーシステムを使用している方は、早いうちに点検を頼むと良いですよ。うちは遅すぎたのかもしれません。

ソーラーパネル

  わが家のソーラーシステムでは、発電した電気はわが家で使い、余った分を中電に買電します。発電量を上回って使用した電気は、中電から買う、というシステムです。季節や天候によって違いますが、平均すると、買電と売電がほぼ同じくらいです。法律の改正で、売電の価格が倍になれば、それだけ中電から買う料金が少なくなるので、経済的にとても助かります。早くそうなってほしいものですね。 

   わが家にもシジュウカラ 

  先回はHさん宅の小鳥たちの写真をお見せしましたが、わが家にもシジュウカラの群れがやってきました。でも、設置した巣箱にはまだ見向きもしません。営巣期はまだ早いのでしょう。去年のように、巣箱に営巣することを楽しみにしています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード