FC2ブログ

小学校へ行く道を散歩、たくさんのミヤコワスレなど紹介!

小さなダム

   昨日は、雨の合間を見て小学校の方へ県道を散歩しました。この部落と小学校の間に森があります。大部分が人工林の中ですが、菅沼川が流れていて、なかなか風情があるのです。上は、川にかかる小さなダムで、そのせき止めた水をわが家の裏のプールにまで流されてきます。ポンプアップしてこの部落の田んぼの灌漑用水にしているのです。
  この3月までは、部落の子どもたちがこの道を歩いて通っていたのですが、6年生の卒業によって人数が少なくなり、4月からはバス通学になってこの道を通わなくなりました。したがって、わが家の前を子どもたちが通ることもなくなり、ボクたちは寂しい思いをしているのですよ。 

原種ミヤコワスレ

群生するミヤコワスレ

  この時期にこの道を散歩したのは、上の写真にあるミヤコワスレを見たかったからです。このミヤコワスレは、栽培種とは違って地味ですが、ミヤコワスレの原種だそうです。地元の方が静岡大学の植物学の先生から、珍しいので大事にしてください、と言われたそうです。わが庭にあるミヤコワスレは鮮やかな紫なのですが、これは真っ白です。一面に群生している光景は圧倒的ですね。ごく一部ですが、薄紫色のミヤコワスレの花がありました(下の写真)。

薄紫のミヤコワスレ

  道端には、真っ赤なノイチゴが一面に生えていました。大粒で、甘くて美味しいのです(下)。 


ノイチゴ

  ササユリも、一輪だけ咲いていました。ここに咲くことも知りませんでした。こんな暗い森の中にも生えるのですね。また、大きな葉のダイオウソウもたくさん生えていました。変わった大きな葉が特徴的です。つぼみが膨らんで、今にも咲きそうです。

ササユリ一輪

ダイオウソウ

  もう一つ、きれいな花を見ました。下の写真です。図鑑に寄れば、ヤマオダマキだと思います。葉の形が特徴的ですので、間違いはないと思いますが・・・・。背景が暗い中に浮かびあがったヤマオダマキの花は、芸術的でしょ?! (下の写真の白い花は、ミヤコワスレです。)

ヤマオダマキ1

 

ヤマオダマキ2

  下は、ウツボグサの仲間でしょう。おそらく、ミヤマウツボグサという種だと思います。同じ仲間にホトケノザがありますが、よく似ていますね。


ウツボグサ

  この散歩は、珍しい植物の花をたくさん見ました。散歩は、いつも新しい発見があって楽しいですね。 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード