FC2ブログ

お堂中に石仏がたくさんありました! マツの生長!

  いつもの散歩道の続きです。ヒメオドリコソウが咲いていたところは、巴川が大きく蛇行しているところで、川の風景が見事でした。

川の風景

  しばらく土手沿いに歩くと、山の中にお堂がありました。その前には、三体の石仏があります。実に素朴な石像で、こころ和みます。お堂も小さなもので、アルミサッシの戸がありますので、古い茅葺きの建物を改築したものでしょうね。

お堂前の石仏

 

お堂

   窓越しにその中を覗いてみてびっくり! たくさんの石仏が安置されていたのです。野外の風雨に曝されていないので、まだ真新しい感じでした。おそらくこのお堂を建てるときに、新しく石仏を作って奉納したのでしょう。この村の人々の素朴な信仰心に感動します。

お堂の中の石仏群

 

  お堂の裏がシイタケ栽培をしている場所で、ホダギにたくさんのシイタケがなっていました。下の写真のように、巨大なシイタケもありましたよ。大きくなりすぎて腐ってしまったのかもしれませんね。

大きなシイタケ

   県道沿いを歩いていたら、マツボックリが目に付きました。マツボックリは松の木のどこに付くのか疑問に思って、しばし松の木を観察しましたが、ようやく分かりました。マツの枝は芽の先から、四方に数本放射状に伸び、真ん中部分は上に伸びます。1年すると中心に伸びた枝から新しい芽が付くのですね。今はちょうどこれから新芽が出始めるところです。マツボックリが付くのは、一年前の芽の付け根だということが分かりました。そんなことも知らなかったのです。

松笠が付くところ

   下の写真は、その新芽を写したものです。枝先に上に向いた大きな芽が中心の枝となり、その周りの小さな芽が放射状の枝となるのですね。ですから、放射状に出る枝の数を数えれば、年齢が分かるわけなのです。おもしろーい!

マツの芽

  道ばたにはマツボックリがたくさん落ちていました。その中に、下の写真のような、マツボックリの葉を落とされたようなものが落ちていました。これは、おそらくマツボックリの堅い葉をかじって中身を食べた残骸でしょう。ということは、それを食べた動物がいるということです。この季節にリスは好んでマツボックリを食べると聞いています。リスの仕業かもしれません。エビフライに似ているので、エビフライと呼ばれています。名古屋弁で言うと、エビフリャーですね。

  

エビフライ

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード