スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本宮山の山麓、宝円寺のシダレザクラを見物!タブノキを始めて見ました。

     4月13日に久しぶりに山歩きをしようと思って、本宮山を目指しました。ずっと山を歩いていないのに、いきなりというのは体に無理がかかるといけないと思い、ふれあい交流館におられた近所の方にお聞きしたところ、30分ほど歩けば桜のきれいなお寺があるとっ聞いて、そこに行くことにして歩きました。下の案内図によると、宝円寺と松源院です。
松源院地図
  途中で、美しい景色に出会いました。下の写真のように、田んぼの中に、見事なピンクの花を付けた樹木と、桜のはなが咲いていて、背後に本宮山(右手奥の高い山が本宮山です)が見えるのです。見にくいですが、手前の田んぼに黄色い花が一面に咲いていました。タンポポです。あまりの美しさに感嘆の声を上げました。
本宮山と花
  すぐ近くに、クサイチゴが群生していて、白い花を付けた居ました。
クサイチゴの花
  途中に常緑のおおきな樹冠をもつ木(高さが10mくらい)がありました。下の写真は、黄色い花のようなものがいっぱい付いていたのです。残念ながら見たことがない樹木で、種名は分かりませんでした。しかし、つい最近行ったところで、同じ木を見ました。そこにはネームプレートがかけてあり、タブノキと分かりました。ウィキペディアによると「花期は4 - 6月。黄緑色であまり目立たない花を咲かせる。8 - 9月ごろ球形で黒い果実が熟す。果実は直径1センチメートルほどで、同じクスノキ科のアボカドに近い味がする。日本では東北地方から九州・沖縄の森林に分布し、とくに海岸近くに多い。照葉樹林の代表的樹種のひとつで、各地の神社の「鎮守の森」によく大木として育っている。」名前は聞いていましたが、間近に見るのは初めてです。こんな花を付けるのですね。同定出来てうれしいです。
この木は何の木?

左の花をアップ
  下は、アケビの花ですが、すぐ近くの径沿いにたくさん花を付けていました。白い丸い花弁とそな中の赤紫のものが可愛いですね。
アケビの花が
  一面、菜の花畑がありました。真正面に本宮山のどっしりとした山容が見えて、いい景色でした。山の斜面にぽちぽちと白いものが見えますが、それはヤマザクラです。
菜の花と本宮山
  近くの農作業しているご婦人に道を聞いたりこの地域のことを話をしていたのですが、そこが梅林の一角で、下の写真のように、もう梅の実がなり始めていました。
小さな梅の実
 下が方広寺のシダレザクラです。見事な枝ぶりの桜の花が青空に映えて美しいです。天然記念物だそうで、ボクらの他に何人かの人が見物に来ていました。
お寺のシダレザクラ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。