森の歴史 その2

 

弥生時代の稲作農耕は大規模な自然改造だった!

 

 縄文時代から弥生時代への変化は、人間の営みの変化であると同時に自然環境の大規模な変化でもありました。コメを作るため平野の森林を伐採し、水を引き、開田することそのものが自然改造でした。山からの水を通す用水路を作り、水が得にくい地域ではため池が作られました。そうした用水路が平野に網の目のようにしかれ、いたるところに溜池が作られていきました。これらは、大規模な土木工事で、平野の自然は姿を変えていきました。こうして、人々の生活の中心が森林が生い茂る山から、平野へと移り変わったのです。

 弥生時代が始まってからこの稲作が日本の食糧生産の中心になり、なんと2000年を超える年月続いてきたのです。つい最近の高度経済成長の時代まで続いてきましたし、高度経済成長期に栄えたのは都市で、農村は稲作を中心とした農業が続いてきましたので、現代にまでそれが続いてと言ってよいと思います。この稲作農耕は自然環境の変化ばかりでなく、日本の経済や生活様式を大きく変えた、日本の全ての文化を包み込む変化の根源だったように思います。

 

「里山」の形成

 

用水路を作り、溜池を作るなどの土木工事は個々の農民では不可能でしたので、農民たちは共同で作業しました。そのためには田んぼの近くの山すそに集まって暮らすようになり、まとまった集落を作るようになりました。それは、土木工事ばかりでなく、用水の管理・補修などに細かい管理が求められました。水害対策なども必要になります。そのための寄り合いを頻繁に持つためにも、近くに住むことが必要だったのです。こうして稲作の行われた平野は、集落が点在した周囲に田んぼが広がり、溜池が各地に展開する田園風景へと変わりました。

しかし、その変化は平野だけの自然改造にとどまりませんでした。イネを作って豊かに実らせるためには、田んぼに肥料を入れなければなりません。そのため、田んぼの周辺の草を刈って堆肥を作って投入する、人糞や家畜の糞を腐熟させて投入しましたが、そればかりでなく、田んぼの周辺の山の落ち葉を堆肥に利用しました。「落ち葉掻き」と言って、稲作にとって欠かせない作業でした。それは農民にとっては重労働でした。さらには、脱穀した後に出るもみ殻を燃やして炭化させた燻炭を撒いてカリ肥料にしました。今でも収穫後の田んぼでは、燻炭を焼く煙が田んぼから立ち上がっている光景を見ます。

 日本の冬は寒いですので、暖房のために薪が必要でした。そのため、山に生えている樹木を伐採して薪にしました。縄文時代には山は常緑樹(照葉樹)に覆われていましたが、それらを伐採して薪にしました。集落周辺の山の斜面は、常緑樹が伐採された後は日の光が林床に届くようになり、陽樹である落葉樹が生えるようになりました。つまり、森の遷移が中断されたのです。落葉樹の大部分は根に養分を蓄えるので、伐採してもひこばえが出てすぐに枯れることはなく、ひこばえが大きく成長して再び森となるのです。現在、雑木林を歩くと、株立ちした樹木を多く見かけます。これは、落葉樹が伐採されてひこばえが成長した結果です。これを萌芽更新と言います。森林の再生です。こうして常緑樹から落葉樹の森が形成されました。これが、いわゆる雑木林です。

 農村集落では、周辺の雑木林の山で伐採地域を移動させながら定期的に皆伐し、萌芽更新による森林の回復を待って、大体20年くらいの周期で雑木林を伐採していました。時代が下がるとそれらの材木は薪ばかりでなく、炭焼きをして木炭を作り燃料にしました。昔は山の至る所に炭焼き場があり、炭焼き小屋がありました。江戸時代では、農家で炭を使うことはほとんどなく、炭を消費するのは都会の人々だったようです。しかしそれは、農家にとっては貴重な収入源でした。山の雑木林は、薪炭林だったのです。

農民は、冬の農閑期には山に薪(たきぎ)を拾いに行きました。強風が吹いた時などに落葉樹から小枝が大量に落ちます。実際に嵐の後に森に入ると小枝がたくさん落ちているのです。ですから、昔から強風が吹いているときは森には入らないことが言い伝えられています。その落ちた小枝を拾い集める作業をしたのです。日本の昔話の「おじいさんは山に芝刈りに」の世界です。囲炉裏(いろり)に小枝を燃やして煮炊きする光景を見たことがある人は多いと思います。先の述べた「落ち葉掻き」のように、農民は絶えず集落に隣接する山に入っていました。現代は、シカやイノシシが農作物を食い荒らす獣害が大問題になっていますが、昔は人が絶えず山に入っていましたので、野生の獣は人を畏れて里に近寄ることはほとんどなかったのです。

このように、薪や山の草が必要だったので、広い平野では山ではなくて平野でもかなり広い面積の森がありました。平地林です。昔は平野でも平地林が各所にありましたが、今は薪による暖房も肥料としての山の落ち葉をも必要がなくなって、平地林はほとんど姿を消しました。また、農家の屋根は茅葺(かやぶき)で、その材料を採るためにヨシやアシを河原や山にその場所を確保しました。それは萱場(かやば)と言います。村の周囲の山は河原には必ず萱場があったのです。

また、村には必ずと言ってよいほど、神社がありました。それは、五穀豊穣を家内安全を祈願し、一族の繁栄を祈る重要な施設でした。そこで村全体を見渡せる丘の上などに神社が建てられました。そこは、村を守ってくれる神様が住む場所として神聖なところでしたので、そこに生える樹木を伐採することはタブーでした。というわけで、里山林は落葉樹ばかりの疎林でしたが、神社の境内は常緑樹の森となっていたのです。いわゆる「鎮守の森」ですね。そこには」ツブラジイやアラカシ・クスノキなどの常緑の巨木が生い茂っていたのです。クスノキは、しばしばご神木と呼ばれ、寺社に巨木となっていることが多いですね。お寺の境内も神様が宿るところとして、樹木の伐採はほとんどなされませんでしたので、神社の森と同じでした。

 このように稲作と結びついて周辺の山まで利用され、雑木林も今のように著しく繁茂して見通しの悪い密林ではなく、遠くまで見通せるような明るい疎林であったのです。今とは全く違う雑木林であったのですね。昔の日本の農村は、この稲作農耕と結びついた自然に囲まれた世界を、「里山」と言ってきました。田んぼと集落が広がり、周囲の雑木林が一体となった風景が「里山」です。日本の原風景と言ってもよいでしょう。


 

日本文化は「里山文化」です!

 

突然ですが、ここで日本の和歌を引用します。

 

      「 奥山に 紅葉踏み分け鳴く鹿の 

声聞くときぞ 秋は悲しき 」

 

 上の和歌は有名な古今和歌集の歌ですね。平安時代の歌で、猿丸太夫の作です。ボクの大好きな和歌の一つです。平安時代も稲作の文化ですので、「里山」が人々の住んでいるところでした。この和歌の「奥山」というのは、「里山」と対になる言葉です。今述べたように、里山は絶えず人が入り込んでいる山でしたので、奥山というのはそれよりも奥にあって巨木になった森という意味で、鹿やイノシシが生息していた森という意味だと思います。「里山」には人を怖がって、鹿やイノシシは近ずくことはなかったのです。他の動物(サル、キツネ、タヌキなど)たちも同じです。ですから、現代の獣害の問題は、動物たちが悪いのではなく、人が山に入る機会が減ったために獣が元に戻ってきている結果です。

 「紅葉踏み分け」というのは、雑木林の晩秋に落葉した落ち葉をサクサクと音を立てて鹿が歩いている光景を表現したのでしょう。その音が聞こえてきそうですね。奥山ですので、立派な道があるわけでもなく、山の小道に落ちた色とりどりの美しい落ち葉を進む光景が目に浮かびます。雑木林の秋は、紅葉の美しさに輝く光景が思い浮かびますね。

鳴く鹿というのは、秋に発情期を迎えたオスの鹿は、メスを求めて鋭い声で鳴くのです。ボクは毎日のように山に入るので、秋になると鹿の鋭い求愛の鳴き声を聞きますが、その声は森中に響き渡るほど大きな声です。この詩人は、鳴く鹿の声を聴いて、都にいる妻や恋人を思う自分をなぞらえているのでしょう。「秋は悲しき」とは、夏が植物の活動の最盛期であり、秋は冬に向かって生命力が衰えていく時期です。侘しさを思わせる季節ですね。詩人の年齢は分かりませんが、人の命のはかなさを表現しているのではないかと思いますので、このように歌う詩人はかなりの年齢に達していたのではないかと推察します。

 以上のように、この詩人の歌は、里山の森の紅葉の美しさ、鹿の鳴き声などの情景描写の中に、詩人の悲しみの気持ちを投影した素晴らしい歌だと思います。和歌もそうですが、身近な自然を題材にすることが多いですね。その自然というのは、ほとんどが里山の自然です。里山の花鳥風月を題材にしています。そういう意味では、和歌は「里山文化」だと言ってよいと思います。

江戸時代に発展した俳句も同じです。とくに俳句は、「季語」を大切にしますが、季節に伴う自然・生活などを季語として俳句に取り入れるのですね。季語の大部分は里山の自然を反映しています。そういう意味では、和歌も俳句も「里山文化」と言ってよいでしょう。そういえば、日本画も里山文化と言えると思います。水墨画にしても、屏風絵にしても、掛け軸の絵にしても、浮世絵にしても、描かれる風物は花鳥風月を題材にしています。建築物も、欄間などの装飾に花鳥風月が描かれます。伝統的な農家の建築材料のほとんどは里山林を伐採して使いました。また、稲作に伴ってできる藁を使って畳を作り、草鞋(わらじ)や蓑(みの)、傘なども作りました。生活そのものが里山文化だったのですね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード