ネジキ、タカノツメの紅葉・黄葉が美しい!

    岡崎の道根往還を歩いた続きです。下の写真は、クサギです。赤い花序が、まるで赤い花が咲いたようです。黒い実もついています。
クサギの赤い実が
  下は、ヒサカキの枝下にびっしりと黒い実が付いている様子を写した写真です。どこにも見られるありふれた常緑低木ですね。夏に白い花がいっぱい枝下のつきます。
ヒサカキの黒い実が
  下は、ネジキの紅葉を写した写真です。ネジキがこんなに美しい紅葉になるなんて、知りませんでした。幹の木肌の縦じわがねじれているのでその名が付いたと言われています。冬芽も赤くてきれいなのですね。
ネジキの紅葉が
  大きな枯れ木にオレンジ色のサルノコシカケがびっしりと付いていました。この種に限らず、キノコ類はどうして枯れ木に着くのでしょうか。シイタケ栽培でも、伐採したコナラなどのホダギに菌を植えて作りますね。その理屈を知りたいですので、ご存知の方は教えてください。
枯れ木にサルノコシカケ
  タカノツメの黄葉がきれいでした。三枚セット(3出複葉)の葉が特徴で、下の写真のように黄色く黄葉するのですね。それが美しいのです。一粒だけ赤い実が残っていました。
タカノツメの黄葉が美しい

  次は、作手の開成地区での観察です。今の季節、ナンテンに赤い実がいっぱい付いていてとてもきれいです。写真に見るように、葉も紅葉しています。我が家にも、他の民家にもほとんどの家に植えられています。正月の飾りに使うからでしょう。縁起物なのですね。
赤いナンテンの実が
  今の季節、道端に下の写真のアメリカセンダングサがいっぱい咲いています。黄色い頭花が終わると、針のような種がクッツキ虫となって動物について運ばれるのですね。
アメリカセンダングサガ引っ付き
  我が家の対岸のイロハモミジの紅葉もほぼ終わりました。葉を落とした後は、赤い枝先が、遠目にはピンク色に輝きます。それもきれいです。
赤っぽいイロハモミジの枝先
  まだ残っていた個体もありました。紅葉が美しいです。
残っているイロハモミジの紅葉
  前に、今年はムラサキシキブの実がほとんど見ないことをお話しましたが、この沿道で下の写真のムラサキシキブの実を見ました。でも、実の数は少ないです。淡い紫色の実が美しいですね。
わずかにムラサキシキブの実が

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード