面の木園地は紅葉を見に行きましたが、紅葉は盛りを過ぎていました!

   11月17日、先週の木曜日に、面の木園地に行きました。紅葉を見るためです。三人の友達を誘って楽しく行ってきました。ところが、紅葉の盛りは過ぎ、葉を落としている樹木が多く、紅葉を楽しむほどではなかったことが悔やまれます。それでも、目立っている樹木の紅葉を撮影してきました。
 下の写真のように、ガマズミが実だけになって(大分葉を落として)いる光景は見事でした。
ガマズミの赤い実だけが

  赤いガマズミの実が
  ウメモドキも同じでした。下の写真のように、葉はほとんどなく、赤い実だけが輝いていました。美しいですね。
ウメモドキの赤い実だけが

赤い実だけのウメモドキ
  黄葉が美しかったのは、下の写真のダンコウバイです。これは赤い葉ではなく、黄色い葉で黄葉です。濃い黄色の色が美しいです。実のようなものが付いていますが、花芽だと思います。
ダンコウバイの黄葉が
  下の写真の赤と黄色の紅葉は、ドウダンツツジです。紅葉と黄葉が共存しているのですね。
ドウダンツツジの黄葉がきれい
  下のメギも紅葉がきれいでした。鋭い刺があり、真っ赤な実を付けていました。葉と実の赤が同じなので、見分けがつきませんね。でも、実は光沢があるので分かります。
真っ赤なメギの紅葉
  下は、サワダツだろうと思います。同じように葉は紅葉していますが、一粒だけ赤い実が付いていました。
サワダツの紅葉がきれい

  我が家に帰ってきたら、田んぼを隔てた対岸の川沿いに、イロハモミジが見事な紅葉を迎えていました。作手は、この時期が紅葉の最盛期なのです。今は、それから10日近く経っていますので、作手の紅葉は盛りを過ぎてきて、葉の色の鮮やかさがなくなってきています。
我が家の前のイロハモミジの紅葉





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード