スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモバシラを初めて見ました!コブシ・ヤマボウシの実がきれい!

  大雨続きでしたが、ようやく晴れ間が見え、秋らしくなってきました。秋の植物たちに出会えるのがうれしいですね。 
  さて、Hさんの庭にシモバシラの花が咲いていると教えてくれたので、写真を撮りました。図鑑で名前は知っていたのですが、本物を見たのは初めてです。感激!! こんなにきれいな花が咲くなんて、知りませんでした。葉の紅葉もきれいですね。名前の由来は、ウィキペディアによると、
「シモバシラが生えていたところには、冬になると氷柱ができる。シモバシラのは冬になると枯れてしまうが、はその後長い間活動を続けるため、枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。この現象は、地中の根が凍るまで続く。」とあります。面白いですね。是非とも、真冬にそれを見たいです。
シモバシラを初めて見た
     23日は、鬼久保広場を歩きました。メインロードを歩いていたら、下の花を見ました。コヌカグサだろうと思います。白い花がきれいですね。
コヌカグサの花が
  下はヌルデに実が付いているところを写した写真です。はじめは分からなかったのですが、羽状複葉の葉の軸にヨクが付いていること、ヌルデノフシムシが付いていることから分かりました。小さい実がたくさん付くのですね。
ヌルデの実がいっぱい
  すぐ隣に、アセビの花が咲いていました。これもきれいですね。
アセビの花が
  下は、同じアセビの実です。花は上を向いているのに、実は下に向いて垂れるのですね。
アセビの実が垂れて
  下は、葉の形からクサギの実と判断しました。クサギの花も実も美しいので、これは別物かとおもったのですが、最後はこんな姿の実になるのですね。少々驚いています。
クサギの実が?
  コブシの街路樹に実がたくさん生っていました。下のアップ写真のように、コブシの実は、実どうしがくっつきあって塊になっています。花は春に大きな白い花を付けますので、しばしば植え込みや街路樹として使われていますね。でも、こんな実になるなんて、面白いです。
ヤマボウシのくっついた実
  下の写真のように、木全体に赤い実が生っています。すごい数ですね。
コブシが木にいっぱい
  この公園では、街路樹はヤマボウシです。今、たくさんの実を付けています。下の写真のように。実が赤くなると食べられるのですね。美味しいですよ。
ヤマボウシに実が
  ある木には、下の写真のように、ものすごい数の実が付いていました。実も大きいです。
ヤマボウシの木に実がいっぱい




スポンサーサイト

コメント

No title

青い花キュウリグサに似ていませんか
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。