マタタビに実が!ヤブミョウガの実が美しい!

      岡崎の東公園を歩いていた時のことです。この地方では、マタタビはいたるところと言ってよいほど各地に生えており、半夏生した葉がよく見られます。それにいっぱい実がついていました。下の写真のように、枝下に直径2㎝ほどの実がたくさん付いていました。実を見ることはあまりありませんので、写真を撮りました。丸い実ではなく、でこぼこした形の実が面白いです。

マタタビの実がいっぱい 

  下の写真の植物は、花のようでもありますが、花ではないようです。よく分かりませんでした。

ハナツクバネウツギの実がいっぱい 

  しかし、隣を見ると下の写真のように花を付けていました。ハナツクベネウツギでした。花のように見えたのは、花の下にあるガクの部分が重なっていたのでした。そのガクが淡いピンク色をしていて花のように見えたのですね。

ハナツクバネウツギの花を 

 下は、ウスバキトンボです。今至る所に飛び回っていますが、止まることが少ないので、なかなかシャッターチャンスがなかったのですが、ようやく枝下に止まっているところを写すことができました。明らかにアカトンボではなく、黄色いトンボですね。

ウスバキトンボをアップ 
  
  そこで、ヤブミョウガの実を見ました。アップして写したのが下です。きれいですね。白い実は真珠のようですし、黒い実も光沢があってきれいです。秋は、この植物の実の美しさに触れることができてうれしいのです。

ヤブミョウガの実がきれい 

  今の季節は、ハギの花がきれいです。ハギには、ヤマハギ、マルバハギなど様々な種類がありますが、これはヤマハギという最も普遍的な種ですね。淡いピンク色の花がきれいです。

ヤマハギが咲きだした 

  下は、ゴンズイです。赤い実が付き始めました。果序もピンク色なので、良く目立ちます。秋が深まりますと、実が真っ赤に熟し、美しく輝くのです。その季節を待ちましょう。

ゴンズイに実がいっぱい 

  下は、ソヨゴだと思います。たくさん実を付けていますが、秋が深まると真っ赤に熟すのですね。

ソヨゴに実がいっぱい 

  東公園の中心部にピンク色のサルスベリの花が見事に咲いていました。今の季節、各地にこの樹木の花を観ますね。赤、白、ピンクと色とりどりで美しいです。

ピンクのサルスべりの花 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード