スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地の自然観察会に参加!サギソウ、コオニユリなど湿地の植物が美しい!

  8月15日は、庄ノ沢湿地の自然観察会に参加しました。毎年、湿地の植物たちが美しい時期に何回か観察会が開かれています。ベテランの講師が実に面白く、詳しく説明があり、楽しいのです。今回は、息子夫婦と孫と一緒に参加しました。30人以上の参加者がありました。
 入り口から入ったところに、ミソハギの花が美しく咲いていました。お盆の頃に花の最盛期を迎え、お盆のときにお墓に供える花として知られていますね。湿地や田んぼの畔などに生えます。

ミソハギのムラサキの花が 
ミソハギの花をアップし 
  その近くに、コバギボウシの白い花が咲いていました。一般的には、この花は下の写真のような薄い紫色の花を付けるのですが、ここには白い花が咲いていたのです。下の写真のように。これは大変珍しいのです。僕も、初めて見ました。
コバギボウシの花薄ムラサキ 

コバギボウシ白 
  そこに黄色いきれいなチョウが飛んできて止まりました。ツマグロヒョウモンのオスです。暖かい地方に生息するチョウなのですが、最近の温暖化で寒冷な作手高原にも現れるようになったと聞きます。こんなところに地球温暖化の影響が表れているなんて驚きですね。
ツマグロヒョウモンがいた 
  小さな池にヒルムシロという水草がいっぱい覆っているのですが、そこにクロイトトンボが止まっていました。腹部(しっぽ)の先端にアオイ二筋があること、胸の側面に青い筋があることなどが目立った特徴です。水草の多い池などに生息するそうです。
クロスジイトトンボがいた 
  チダケサシが花を付け始めました。白い部分が花で、先端付近から咲き始めます。下の方はまだ白くなっていませんので、これからさきます。これも湿地にしか生えない種です。茎がとても硬くて、昔山でキノコなどを採ったとき、これにさして運んだと言います。名前の由来もそれに基づいているそうです。
チダケサシ開花 
  そして、この観察会のメインの花が、下のサギソウです。盛りが過ぎてしまっているそうで、茶色く変色した花もありました。もちろん絶滅危惧種で、湿地が潰されて行って彼らが生息できる環境がなくなってきたからです。昔は、作手に広く生息していて、湿地に一面にこの花が広がっていたそうです。なんとも、美しい姿の花ですね。
サギソウ二輪 
  アギナシの花が咲いていました。これも湿地や池にしか生息しない種です。葉がオモダカによく似ていますが、これはむかごを多く付けて繁殖すると言います。サギソウと同じく絶滅危惧種です。
アギナシの花が 
 コオニユリが群生しているところがありました。下の写真のように。この種も湿地や湿ったところを好みます。これは、鮮やかなオレンジ色をしていますので、よく目立ちますね。花も実に美しいです。一つをアップしたのが下の写真です。花弁が反り返っていた、中からおしべが飛び出していて、美しい姿をしていますね。花弁の黒い斑点も素敵ですね。近縁種にオニユリがありますが、それは背丈や花も大きく、むかごで繁殖するのに対して、これは鼻も小さく、種子で繁殖します。オニユリは湿地には生息しません。
コオニユリ群生して 
コオニユリをアップし 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。