スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリウツギ、リョウブの花が咲き始め!ヒメシャラがきれい!

  真夏の暑い日は森の中の道を散歩するに限ります。13日水曜日は、寺の入林道を歩きました。クルマバハグマのその後を見に行ったのですが、下の写真のように花芽が付いていました。花が咲くともっと華やかになるのですが、・・・。

クルマバハグマに花芽が 

  下は、アケボノソウです。花はまだですが、もう下の写真のように大きくなっています。美しい花が咲くのが待ち遠しいです。

アケボノソウが大きく 

  ノリウツギの花が咲き始めました。とはいっても、白いのは装飾花であり、花はまだです。ウツギという名からは想像できませんが、これはアジサイの仲間なのですね。装飾花というのもアジサイの仲間ならば納得です。

ノリウツギが咲き始めた 

  リョウブの花が咲き始めました。先のブログでお見せした花は細長い紐のような状態でしたが、花が咲くと白い花が房状に広がります。きれいです。葉は互生ですが、枝の先端に葉が集まって輪生のように見えます。

リョウブの花が咲き始め 

  次の日には、南の方の赤羽根付近の林道を散歩しました。森の中の道沿いに、下の写真の植物が一面に覆っていました。おそらくシダ類だと思いますが、種名は分かりません。

この草はシダ植物? 

  上の写真の植物が途切れると、代わって下の写真の植物が一面に広がります。これも今まで見たことのない植物です。どなたか教えてください。

この草が一面に 

  集落に近づいたところには、斜面の上から倒木が道を覆いそうになっていました。下の写真のように、おそらく近所の人が何とか車が通れるように斬られていました。

道に倒木が 

  その倒木の枝が垂れ下がっている葉をよく見たら、たくさんの実が生っていました。葉の特徴などから種を同定したかったのですが、結局分かりませんでした。これもご教示をお願いできたらと思います。
倒木に実が 

  さらに集落に近づくと、白い花を付けた低木がありました。どうもナツツバキかヒメシャラのように思い、図鑑を調べたところ、ヒメシャラと分かりました。ナツツバキは大きな高木になりますし、葉の特徴も違います。久しぶりにヒメシャラに出合えてうれしかったです。

ヒメシャラに花が

  花をアップしたら、昆虫が写っていました。なんという昆虫化は分かりません。

ヒメシャラの花をアップ 

  奇妙な植物(木本)を見ました。下の写真のように、驚いたことに、小枝から出す葉に楕円形の二つの葉が繋がっているのです。先端の葉は大きく、手元の葉が小さいのです。どの葉も同じ葉の形です。鋸歯はなく、葉の付け根に長い刺があります。こんな植物は見たことがありません。変わった植物もあるものですね。珍しい植物です。これもどなたか、種名を教えていただきたいと思います。

葉が二つ重なる 


  今回も、種名が分からない植物が多かったようです。まだまだ修行が足りないですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。