スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿地のトンボ、ハラビロトンボが!池にはコシアキトンボが!

  湿地の中に入ると、湿地特有の植物や昆虫に出会います。下は、ゴウソですね。カヤツリグサ科スゲ属の草本です。水辺や湿地に普通に生えています。長い茎の先端に長さ2~4㎝の穂が垂れます。ゴウソが穂を垂れて 
  湿地にしか生息しないのが、下の写真のハラビロトンボです。腹が太くて(それが名前の由来です)、複眼の前に二つの小さいブルーの斑点が付きます。それがきれいなのですね。メスは腹が黄色です。
湿地にハラビロトンボ 
  奥の方の池に行ったとき、下の写真のコシアキトンボが飛んでいました。腹の付け根が白いのがオスです。メスは黄色です。羽の根元が黒いのも特徴ですね。なかなか止まってくれないのですが、出合えて写真も撮れて、嬉しかったです。
池にコシアキトンボが 
  下はホオノキですが、風に吹かれて葉の裏側が良く見えました。大きな葉の裏はとても白いのです。葉の裏側が白い樹木はいくつか知っていますが、これは見事で、良く目立ちます。
裏が白いホオノキに葉 
  下は、ソヨゴです。春に小さな白い花を付けますが、花が終わり実を付け始めたところです。秋には真っ黒に熟しますね。
ソヨゴに実が 
  ノハナショウブが一輪だけ咲いていました。花の時期は過ぎていたのですね。花の盛りには、この湿地の広い範囲に花が咲き、それは美しいのです。その時期に來れなかったのは残念です。湿地や池には菖蒲園が各地にありますが、それらの菖蒲はこのノハナショウブから交配して人工的に作り出したものです。
ノハナショウブが残って 
  奥の方には三つの池があるのですが、真ん中の比較的小さな池には、下の写真のヒシが一面に浮かんでいました。葉の形が独特ですね。
池にヒシが 
  手前の池には、ジュンサイが一面に楕円形の葉を浮かべていました。花の季節には細長い赤い花が立ち上がります。それもきれいです。
池にジュンサイがいっぱい 
  池から人家の方に入ったところに、キリの木があり、それに実がついていました。花は5月に咲きましたので、花が終わって実を付けたところです。
キリに実がついて 
  下は、民家に植えられていたカナメモチです。若葉が赤いのが特徴で、きれいですのでしばしば植え込みなどに植えられます。これも植えられたものです。野生の個体は、ボクは見たことがありません。特に赤い葉がきれいなものは、レッドロビンといわれて珍重されます。
カナメモチの赤い若葉 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。