長ノ山湿原の散歩、入り口の駐車場にいろいろの植物が!

   6月23日は、長ノ山湿原を歩きました。いろいろの種類の植物に出会えてうれしかったです。いつも車を止める駐車場の前に、多種類の植物が生えていて面白いところです。最初は、リョウブの花が目につきました。白い穂のような花がきれいです。
リョウブに花が咲いた 

  下は、エゴノネコアシを写しました。まるで花が咲いているように見えますが、アブラムシの虫えいなのです。アブラムシの一種がエゴノキに寄生するのですね。猫の足のような姿をしているので、その名が付きました。

エゴノネコアシがいっぱい 
  エノキの葉と若い実がついていました。ニレ科エノキ属の高木です。大きく成長し、大きな枝ぶりとなりますので、昔から街道の目印として一里塚などにいえられました。また、きれいなチョウで有名なチョウのオオムラサキの幼虫の餌にもなっています。ボクらが住んでいる集落にもエノキの巨木があり、とてもきれいなのです。
エノキに実が付いた 
  下は、ヤマウルシに実が付いたところを写しました。皮膚の弱い人はかぶれる恐れがあり、山では要注意の植物ですね。羽状複葉の葉と赤い若枝が特徴です。実が付き始めました。葉の根元に房状に垂れ下がります。
ヤマウルシに実がついて 

  下は、ウメモドキです。いまはちょうど、花が咲いているところです。秋に真っ赤な実をたくさんつけるのがきれいなので、民家の植え込みなどにも植えられますね。
ウメモドキの花か 
  ヤブデマリの花が終わり、実が付き始めました。下の写真です。花柄が赤いので良く目立ちます。実はまだ緑色ですが、秋に生ると真っ赤に熟します。それが美しいのですね。
ヤブデマリに実が赤く 
  モンシロチョウが舞ってきて、ハルジョオンの花に泊まりました。淡い黄色の蝶の羽が美しいですね。
モンシロチョウとハルジョオン 
  湿地の方に入っていく小路の側溝に生えていたのが、下の写真のユキノシタです。美しい花が咲いていて、とてもきれいでした。
ユキノシタがきれい 
  ユキノシタの花は、5枚の白い花弁のうち、上の3枚の花弁には赤い斑点があり、下の大きな白い花弁が八の字型に広がるのです。その花の姿が、実に美しいですね。
ユキノシタの花は美しい 
  湿地の方に行きますと、イグサが群生していました。和名では「イ」と言い、イグサとは言わないのですが、言いにくいのでイグサと言うわけです。ご存知のように、畳表やゴザなどの材料に使われますね。湿地性の水生植物ですので、田んぼなどの湿地に栽培されています。
イグサの一叢が 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード