スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッコク、ホオズキ、ヤマオダマキ、コアジサイの花が美しい!

    菅守小学校への散歩道を歩きました。お隣のお宅にセッコクの花が美しく咲いていました。下の写真です。ラン科の着生植物ですね。古いアカマツの切り株に咲いていました。きれいです。
お隣の家のセッコク 
  この道は、途中から峡谷になり、川沿いの森の中に入ります。そこに、ミヤコワスレが群生しているのです。ボクらが知っているミヤコワスレは、花が濃い紫色ですが、ここは白です。ある植物学者が、これはミヤコワスレの原種だと言ったと聞きました。そういえば、飾り気のない素朴な色ですね。
原種ミヤコワスレの群生 
  下の写真のニガナは今どこにでも生えている雑草ですが、花が美しいのです。黄色い頭花ですが、花弁が5枚で花弁の先端がとがっているのではなく四角く切れているのですね。オレンジ色のつぼみもきれいですね。
ニガナがきれい 
  モミジイチゴに実がついていました(下の写真)。黄色い実がきれいですね。この実はとても美味しいのです。毎年この季節になると、モミジイチゴが群生しているところに行って、実を採って集め、ジャムを作っていました。いつもの群生している場所が道路工事で取れなくなり、去年からジャム作りができなくなっているのです。残念ですが。
モミジイチゴに実が 
  ホオズキに白い花が付いていました。去年この場所にホオズキの赤い実がなっていたので、これがホオズキだと判定したのです。こんな白い花が咲くなんて、知りませんでした。
ホオズキに白い花が 
  下の写真の植物に赤い実がいっぱいなっていました。種が分からなかったのですが、変形した葉があることに気づき、ヤマグワの実であることがわかりました。秋になると実が黒く熟すのですね。美味しいと聞いているのですが、ボクは食べたことがありません。
ヤマグワに実がなって 
  小学校手前に橋が架かっており、そこにニワトコというスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木があります。なかなか種名が分からなかったのですが、一昨年同定ができました。名前すら知りませんでした。黄色っぽい房状の花が咲き、秋には実が赤く熟すのです。秋が楽しみですね。羽状複葉のきれいな葉です。
ニワトコに実がいっぱい 
  ヤマオダマキが咲いている場所がありました。いつ見ても、花が美しいですね。頭を下げて下向きに咲く花の姿が、優美で美しいです。ボクラが知っているオダマキは、花が濃い紫色ですが、原種がこれです。
ヤマオダマキが美しい1 
ヤマオダマキが美しい2 
  コアジサイの花の季節になりました。今、いたるところに咲いています。淡い紫色の花が輝いています。他のアジサイの仲間と違って、装飾花がないのですね。ものすごく個体数が多く、山の斜面全体がこの種に覆いつくされている場所もあるくらいです。
コアジサイの花がきれい 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。