スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面の木湿地の植物を楽しむ!クリンソウ、レンゲツツジ、サラサドウダンが美しい!

  5月31日は、久しぶりに面の木園地の行ってきました。痛風の痛みもほとんどなくなったものの、まだ足指の痛みが完全に取れているわけではないので、山登りは無理ですが、面の木湿地くらいなら歩けるだろう、ということで出かけたわけです。素晴らしい自然を堪能して帰ってきました。
  湿地の入り口で、ベニドウダンの花が出迎えてくれました(下の写真)。数本の樹木にたくさんの赤い花がついて、それはきれいでした。
ドウダンツツジが迎えてくれた 
  湿地に入ると、フタリシズカがいっぱい白い穂を立てていました。これも優雅で美しいですね。
フタリシズカがいっぱい 
  次はクリンソウです。湿地に10数株のクリンソウが花を付けていたのですが、花の色が数種類あるのですね。下の写真は真っ赤ですが、ピンクや白もあるのです。でもやはり、真っ赤の花が目立ってきれいですね。
真っ赤なクリンソウが 
  下が、ピンク色の花です。しかし、これも美しいですね。
ピンクのクリンソウが 
  下は、サワダツというツリバナの仲間ですが、花を付けていました。他のツリバナと同様に、タレさがる花柄の先端に白い花を付けるのです。秋には赤い実がついて、とても美しいのですね。
サワダツの花が垂れ 
  今回、ラッキーだったのは、レンゲツツジの花に出会えたことです。この種は、湿ったところを好む種で、湿地に咲く花です。一般的には、花は真っ赤なのですが、下の写真の個体はオレンジ色です。珍しいです。
オレンジ色のレンゲツツジ 
  下が真っ赤な花のレンゲツツジです。レンゲツツジは、普通のツツジ類が花が一つずつ咲くのに対して、花が数個ないし10個くらい同じところに着くのが特徴です。ですから、花が華やかに見えるのですね。
真っ赤なレンゲツツジ 
  下は、ヤマツツジです。同じように真っ赤な花がきれいです。
ヤマツツジの赤 
  下は、モチツツジです。花はピンク色ですね。これも優雅で美しい花です。
ピンクのモチツツジ 
  下は、ツタウルシです。花を付け始めました。葉が三枚セット(3出複葉)が特徴ですね。ウルシの仲間なので、皮膚の弱い人はこれに触れるとかぶれを起こすので要注意です。秋には葉が真っ赤に紅葉して、とてもきれいなのです。
ツタウルシの花が咲いた 
  最後に、サラサドウダンに出会いました。下の写真のように、美しい花ですね。花の造形美に感激です。
サラサドウダンがきれい 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。