エゴノキに花が!クルマバハグマに花芽?

  5月25日は、作手の西の方で三河湖の東端から北に入った、寺の入林道を歩きました。くるまと止めた広場のすぐそばに、いっぱい花を付けたエゴノキに出会いました。各地に花芽はついているのを知っていましたが、花が開花したのを見たのはここが初めてです。すごい数の白い花が枝の下について、木全体が白く見えます。
エゴノキ花がいっぱい 
 下の写真のような花です。きれいですね。大量の花がついていますので、それが落ちると道が白くなります。動物をしびれさせる作用があるので、花や実をすりおろして川に撒き、魚を麻痺させて採る漁法があるそうです。
エゴノキ花をアップ 
  すぐ近くの雑木に、ウツギの花芽がいっぱい付いていました。写真のように枝先に一杯白い粒が飛び出しています。これもエゴノキと同じように、真っ白の花が咲きます。このときは咲いていませんでしたが、今はもう花盛りです。
ウツギの花芽

 ウツギの花芽をアップ 
下は、ヤマザクラの実がついたところを写しました。いわゆるサクランボですが、栽培種の桜のようにはいっぱい実が付きません。でも赤い実がきれいです。
サクランボがなった 
  下は、ヤブデマリの花が終わり、若い実が付き始めたところを写したものです。夏には赤い実になりますが、完全に熟すと黒くなります。
ヤブデマリの花が終わって 
  もう一つの広場まで行くと、クルマバハグマのある湿地に出ます。クルマバハグマの大きな葉が輪生していました。キク科のモミジハグマ属の草本ですが、大きな6~9枚の輪生する葉が特徴です。花はまだですが、去年の花の痕跡が残っていました。開花が楽しみです。とても珍しい種で、ボクは作手のここでしか見たことがありません。
クルマバハグマに花が付き始め 
  そこの水たまりに、下の写真のようにオタマジャクシがうじゃうじゃ動いていました。カエルの季節になったのですね。
水たまりにオタマジャクシが 
  ホオノキに花がついていました。谷間から生えているので、上から写真を撮ることができました。
ホオノキの花が 
  アカマツのすべての枝先に、オレンジ色の雄花が咲いていました。道にはこのオレンジ色の雄花が落ちて、みちがオレンジ色になっている光景が見られます。これも面白いですね。
アカマツの雄花が 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード