スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボタノキに花芽が!ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲなどのチョウが!

    大分前になってしまいましたが、巴山から古戦場へのコースを散歩した時の様子をご報告します。季節はどんどん移り変わっていくのに、紹介すべき写真が多いので、撮影してすぐにご報告とはいなないのです。ご容赦ください。
  下は、イボタノキの花を写しました。花といっても、まだつぼみです。枝先に無数のラッパ状の白い花を付けます。葉は対生で、楕円形、鋸歯がないのが特徴です。モクセイ科の落葉低木です。秋には黒い実に熟します。この沿道にはたくさん生えています。
イボタノキの花芽が 
  コバノガマズミの花が咲いていました。白い花が良く目立っています。
コバノガマズミの花がいっぱい 
  谷の向こうの遠くに、見事に広がったフジの花がきれいでした。このくらいまとまって垂れ下がる花は美しいですね。
山にフジの花が 
  道に色鮮やかなチョウが止まりました。おそらくツマグロヒョウモンというチョウのオスだと思います。色と模様が美しいですね。
ツマグロヒョウモンのオスでは? 
  下は、ゴンズイです。今は開花前の花序が広がっているところです。この種はミツバウツギ科の落葉低木ですが、こんな科があるなんて知りませんでした。数年前、初めてこの樹木の実に出会ったときに、その美しさに感動して図鑑をめくったことを思い起こします。秋には真っ赤な実に黒い種が見えるのですが、それが美しいのです。意外と各地に発見されることが分かってきました。
ゴンズイの花芽が 
  下は、サワフタギだろうと思います。白い花がきれいですね。
サワフタギではないか 
  したは、サトキマダラヒカゲというタテハチョウの仲間です。派手な裏の模様と蛇の目がきれいですね。サルナシの葉に泊まっていました。
サトキマダラヒカゲがいた 
  ガマズミの花芽が膨らんできました。これから真っ白の花が咲きます。開花が楽しみです。
ガマズミの花芽が 
  下は、クロヒカゲというタテハチョウの仲間です。この季節、いたるところに飛んでいます。
クロヒカゲがいた 
  下は、ホオノキの葉の部分を写しました。ホオノキを下から見上げると、大きな葉が6~9枚セットになって広がっているので、輪生しているとばかり思っていましたが、よく見ると枝の先端部分に葉が集まっているだけで、輪生ではなく互生だったことが分かります。輪生のように見えるけれども互生であるという種もかなり多くありますね。
ホオノキの葉のでかた 





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。