スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメのバードストライク!今年はヤブツバキがたくさんの花を付けました!

    ボクの痛風は、その後再び猛烈な痛みに襲われたのですが、駆け込んだ整形外科のお医者さんが痛み止めの良い薬を処方してくださって劇的に痛みが引きました。痛みの程度を最盛時10とすると、1~2くらいです。しかし。完全に治ったわけではなく、一時的な回復だそうですが、その後も安定しています。とにかく、痛いのはつらいですので、痛みが和らいで嬉しいです。
  さて、2,3日前、デッキにスズメの死骸が転がっていました。うちのガラス戸に衝突して死んだしまったようです。バードストライクと言って、ガラス戸に景色が映りますので、森が存在すると思い込んで、小鳥がガラスに激突して死んでしまうのです。すだれのようなものを設置しておかなかったことを悔やんでいます。丁寧に埋葬しておきました。


死んだスズメ 

  家の裏庭の水路沿いにヤブツバキが生えているのですが、今年はたくさんの花が付きました。数年前、小さな苗木が生えてきたのに驚いていたのですが、それがこんなに大きく成長したのです。もともと生え出たところは、家を作るときに盛り土したところですので、土の中に実が入っていてそれが発芽したとは考えられません。しかし、ツバキのような大きな実が小鳥たちによって運ばれてきたとは考えにくいのです。ツバキの実は直径2㎝くらいあります。おそらくカラスのような大型の鳥によって運ばれてきたのではないかと推定しています。こんなに大きく成長してたくさんの花をつけてボクらを楽しませてくれていることに感謝しています。


裏庭の藪椿が 
裏庭の藪椿が2 


  ヤブツバキのすぐそばに、シイタケのホダギを置いてあるのですが、下の写真のように、シイタケが大きくなっていました。収穫して食べましたが、とても美味しいのです。収穫はうれしいものですね。


ホダギにシイタケが 


  収穫の喜びに浸っていたら、庭の畑に植えてかなり大きくなった豆類がイノシシに掘り返されていました。下の写真のように、畑はめちゃめちゃです。イノシシは豆の根っ子を食べるのでしょうか。

イノシシに荒らされた畑 

  さて、墨書したポスターですが、またいくつか書きましたので、それをご紹介します。下は、反原発のポスターの言葉です。最近は、次々と原発が再稼働させられています。福島の原発災害の恐ろしさを国民すべてが追体験したのに、政府と産業界は原発の固執しています。裁判で一つの原発の仮処分が認められて稼働が止められたことは、ようやく国民や住民の意見が司法に認められたこととして喜ばしいことですが、本裁判では予断を許されません。


赦すな原発再稼働 

  下のポスターの言葉のように、私たち日本人は、福島に被災者の苦しみを忘れてはならないと思います。いまだに何万人もの人々が故郷に帰ることができずにいます。彼らの生活や健康のの不安は消すことができません。その痛みを共有していかなければならないと思うのです。フクシマとカタカナで書くのは、ヒロシマと同じように福島県というローカルな地方の出来事ではなく、人類の記憶遺産として記念すべきだと考えるからです。
フクシマの痛み

  下の俳句は、中日新聞の「平和の俳句」の中から選びましたが、作者の視点が面白いですね。現地では除染によって復興をもたらそうとしていますが、除染によって出た放射性物質のごみは黒い袋に入れられたまま放置され、その最終処分場すら目途が立っていません。日本では、地域ごとに神社仏閣がありますので、この俳句の作者のように、除染で神が仏が戻ってくるとは誰しも思わないですね。

除染して 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。