スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛風も少しずつ治っています! 散歩もできるようになりました!

      ひと月余も散歩をできません。12月20日に風邪をひいてから暮れ・正月に痛風を患い、今も痛風の痛みが引かず、散歩ができないのです。ひと月も散歩をしないと、つまり運動らしきことをしないと、体重が増えてしまいそうですが(一時は65㎏にも達しました)、その点は食事量を減らすなどして対応し、今では63㎏台を保っています。

 今では、足指の痛みも大分取れたのですが、まだ外を歩くほど治ってはいません。歩く時はとどうしても足の親指で地面を蹴って進みますが、その時に足指を反らせるときが痛いのです。無理をすると、痛風の発作が起きてなかなか治っていっていかないのではないかという思いがあるので、散歩をするのをためらってしまうのです。薬を処方してもらうために、再度岡崎の医院に行きました。「大分良くなってはいるようですが、まだ痛みが引かないなんてあなたの痛風は相当悪質なようです。痛風は、まずは痛みをとることで、本格的な治療はそれからですので、それまでの痛み止めの薬を処方します。」と言われました。痛みが止まってもそれからが本格的な治療だ、なんてこわいようですね。

 というわけで、カメラをもって野山を歩くことをしていませんので、この地方の自然を紹介するこのブログもネタ不足となって、新しい記事をアップできないでいるのです。おまけに大雪が降ったりして、植物が雪に覆われているのでめぼしい植物を発見できないこともあります。真冬ですが、先回報告したように暖冬で狂い咲きしている植物がありますので、それらを探して散歩をしたいのですが、やむをえませんね。皆様のご期待に沿えず、困惑しています。

    一昨日はひと月ぶりに散歩をしました。普段ですと6~7分で着く涼風の里に、なんと15分もかかって歩きました。足指で蹴ることができず、どうしてもペンギン歩きになってしまい、早く歩くことができないのです。でも、足指に痛みはほとんどなく往復40分の散歩ができ、自信が付きました。これからは、少しずつ散歩の時間を延ばしていきたいと思います。そのうちに痛風も完治するでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。