スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋は実りの季節、植物の実が面白い!アオキ、カリン、マルバノホロシ、サルトリイバラ、ヘクソカズラ ソヨゴ!

   雁峰リンドウへの道で、下の写真のアオキの実が面白かったので写しました。実が赤くなりはじめていて、赤くなったのはわずかなのです。こんな変化が起こっているなんて、面白いですね。

アオキの赤い実は 

  近くの家の庭先に、カリンの木が植えられており、黄色い大きな実が成っていました。見事に大きな黄色い実が生っています。カリンとは「借りていない」という意味で、縁起担ぎで家の庭に植えられるのですって! 樫の木は、「貸しがあるほど裕福だ」という意味で庭に植えられるのだそうです。地元の方に聞きました。面白い風習ですね。一種の語呂合わせでしょう。

カリンの木が 

  前にも何度か、マルバノホロシの映像をお見せしましたが、守義小学校への散歩道で、見事に真っ赤に熟した実を見ました。とてもきれいですね。とても珍しい草本で、めったに見られません。

マルバノホロシの赤い実1 
マルバノホロシの赤い実2 

  下は、サルトリイバラの実が赤くなっていました。これもきれいです。別名サンキライと言いますね。 
サルトリイバラの赤い実が
 

  守義小学校は、今は閉校になり、子どもたちは来ていませんが、その学校林は秋になると紅葉してきれいなのです。そこを写しました。

旧守義小学校の学校林 

  その中に、変な姿をしている高木がありました。おそらく、ハンノキだと思います。ハンノキの雄花は、この季節から春にかけて突然、雄花が咲き始めるのです。おそらくその雄花だと思います。不思議な光景ですね。

ハンノキの雄花では 

  我が家の北隣りのプールのフェンスに、ヘクソカズラの実がいっぱいなっていました。あの赤い花が、実になるとこんな色になるなんて想像もできませんね。

ヘクソカズラの黄色い実 

  下は、岡崎の道根往還で見たソヨゴの赤い実がいっぱいなっているところを写しました。こんなにたくさんの実を付けているソヨゴを見たことがありません。見事ですね。

ソヨゴに実がいっぱい 

  一部分をアップしたのが、下の写真です。垂下る赤い実が美しいですね。

ソヨゴの赤い実は 








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。