スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面の木湿地の続き、ヤマラッキョウがきれい!ここにもオタカラコウ、ホソバリンドウが!メギの紅葉が見事!

  面の木湿地の続きです。いつもここは、湿地特有の植物たちの花が見られます。作手の庄ノ沢湿地で見たヤマラッキョウがここでもたくさん咲いていました。群生している状態はきれいでした。そのうちの一つを写したのが下です。

ヤマラッキョウがきれいに咲いていた 

  ヤマラッキョウヒオドシチョウが蜜を吸いに来ていました。あまり見られないチョウですね。

ヤマラッキョウにヒオドシチョウが 

  作手の守義林道で見たオタカラコウが、下の写真のようにここにも見られました。一輪だけ残っていました。

オタカラコウが咲いていた 

  また、ここにも湿地に秋に咲くホソバリンドウも見られました。きれいです!


ホソバリンドウが咲いていた 

  先のブログで、コハウチワカエデの紅葉がまだ最盛期でないことを話しましたが、下の写真がその証拠です。緑と赤の二色の葉が混在しています。最盛期にはすべて真っ赤な葉になります。これもきれいですね。

コハウチワカエデの葉が二色 

  この季節のメギの紅葉は見事です。木全体がこんなに見事に赤くなったメギを見たことがありません。この赤は、葉の紅葉と同時に実が真っ赤なことによります。

メギの赤い実が 

  それをアップしたのが、下の写真です。光沢のある楕円形の赤い実が美しいですね。メギは、コトリトマラズという別名を持っていますが、鋭い棘があって小鳥も寄り付かないことからこの呼び名があると言います。目薬に使ったのでその名がついたと聞いています。

メギの棘と赤い実 

  すぐ隣にあったメギの木には、下の写真のように黄色い花芽が付いていました。来年の春の準備が始まっているのですね。

メギの新芽か? 

  秋に実が赤くなる樹木としては、ガマズミがあげられますね。下がそれです。赤い実が群がるように着いていて、きれいですね。

ガマズミの赤い実が 

  下は、カラマツの黄葉を写したつもりです。しかし、写真のようにまだ黄色くなり方が不十分です。下の真っ赤な植物はイロハモミジです。赤と黄色の対照が見事です。

カラマツとイロハモミジ 





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。