スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホコリタケは珍しい!ムラサキシキブの実が美しい!スズカアザミの花にアサギマダラが!

  愛郷林道の続きです。
  下は、ご存じ、セイタカアワダチソウです。黄色い花がきれいです。侵略的外来種として一時大きな問題となりました。それは在来種を圧倒してしまうのです。でも長い年月が経ちますと次第に環境と調和してくるのでしょう。今は、ススキと共存しています。一般には嫌われ者ですが、花はきれいです。


セイタカアワダチソウがきれい 

  道端にホコリタケというキノコが生えていました。面白い形をしたキノコです。お団子のような丸い形で上部が咲け、たたくと真ん中の穴から煙のようなものを吹くので、その名がついたと言われます。

ホコリタケが三つ 

  待ちに待ったムラサキシキブの実が紫色になりました。何という美しい色合いでしょうか。きれいですね。

ムラサキシキブの実が美しい 

  次はブルーの実です。サワフタギは実が美しいブルーなのです。この場所のサワフタギは、とくにたくさんの実を付けていました。

サワフタギのブルーの実がいっぱい 

  一部分をアップすると下のようになります。光沢のあるブルーの実がきれいですね。

サワフタギの実が美しい 

  すぐ近くにアケビの実が生っていたのですが、その色が真っ赤だったのです。こんなに見事に赤いアケビは見たことがありません。普通は淡いピンク色ないし白ですのに、この赤さは個体差なのでしょうか、他に何か条件があるのでしょうか。

真っ赤なアケビの実が 

  今、スズカアザミの花が各地に咲いていてきれいです。下の写真のように、まるで花火が散ったような形の花ですね。

スズカアザミのピンクの花が 

  下は、タカノツメに実が付いているところを写しました。3枚セットの葉が特徴ですが、下の写真では分かりにくいですね。

タカノツメの実が 

  下は、イヌザンショウの黒い種を写した写真です。赤い実から光沢がある黒い種が出てきており、赤と黒の対照がきれいです。

イヌザンショウの黒い種がきれい 

  下は、ヤブタバコだろうと思います。葉は先端に行くほど小さくなり、黄色の頭花は下に向けて付き、粘液を出して動物などにくっついて運ばれると言います。雑草ですが、どこにもあると言う種ではないですね。

ヤブタバコではないか 

  ラッキーでした。アサギマダラがひらひらと飛んできて、スズカアザミに止まりました。その美しい姿に感激しました。

アサギマダラがスズカアザミに 




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。