スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳来寺山の行者越え歩いた!ヒョウモンチョウ、サカハチチョウがきれい!常緑樹が多いのはなぜだろう?

   秋なのですね。9月中ごろから毎朝モズが鳴くのです。けたたましい声が響き渡ります。この声は、秋の到来を告げる声なのですね。
 23日は、東海自然歩道の鳳来寺山に向かう行者越を歩きました。気持ちの良い山道で、久しぶりに山歩きを楽しみました。有料駐車場の少し手前に行者越の広い駐車場があり、そこに車を止めて歩き始めました。その駐車場の片隅にコウヤボウキの花が咲いていました(下の写真には花が写っていました)。コウヤボウキの季節が始ったのですね。今年初めて出会いました。そこに蜜を求めてきれいなチョウが止まりました。その羽の模様の美しさに感動でした。図鑑で調べましたが、同定はできませんでした。ヒョウモンチョウの仲間はとくに同定が難しいのですが、一番近いのはウラギンヒョウモンではないかと推定しています。

ヒョウモンチョウの模様がきれい 

コウヤボウキにヒョウモンチョウ 

  ヤブツバキに実が生りました。見事な赤い実ですね。きれいです。

ヤブツバキに実が 

  フジバカマの花が今、各地に咲いています。そこにサカハチチョウがやってきて止まりました。もっとアップして写したかったのですが、飛び立ってしまいました。その羽の模様は実に美しいのです。

フジバカマとサカハチチョウ 

  行者越の看板がありました。鳳来寺参道の最大の難所ということですが、登ってみてそれほどの難所とは思えませんでした。鳳来寺からの登り口付近は難所と言えるでしょうが。

行者越え看板 

  下は、シコクママコナだろうと思います。ピンクの舌状の花がきれいですね。昔、この山でこの種を見たことがあります。

シコクママコナだと思う 

  下は、ユズリハです。岡崎の健康の森で何本か生えているのですが、他ではあまり見たことがありません。作手では庄の沢湿地の奥で見ただけです。ここにも生えているのには驚きました。昨年生えた葉は下に垂れ、新しい葉が上に伸びるのです。そこで古い葉が新しい葉に上を譲ると言う意味で、この名がついたといいます。ネーミングが面白いですね。

ユズリハがあった 

  下は、ヤブツバキの花芽ではないかと思います。先ほど見たように、今の季節は実が生っており、真冬に花を付けますので、その花芽がついているのだと思います。真冬に花を付けるはあまり多くはないですね。

ヤブツバキの花芽が 

  道端に、真っ黒に焼けた太い樹木がありました。ちょっと驚きですね。想像すると、おそらく雷が落ちてそのために焼けたのだろうと思います。太さが直径1.5mもある巨木で、黒く焼けた上の木はなくなっていますので、落雷で倒れたのでしょう。まだ焼けた炭が残っていますので、その落雷は何年も前ということではなさそうです。

焼かれた樹木が 

  この続きは次回に回しましょう。この道を歩いていて気が付いたのは、この森が常緑樹がとても多いことです。ヤブツバキ、アラカシ、ツクバネガシ、モミ、ユズリハなど皆常緑樹です。作手と似たような標高の山ですので、落葉樹が多くても良いのですが、なぜなのでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。