スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いツリフネソウの花が!庭のアケビの実が開いた!黄金の稲穂が美しい!

  今回は、鴨ヶ谷一周の散歩道の続きです。
   今、各地でツリフネソウが咲いています。湿ったところが好きなようで、水路沿いなどに群生しています。下の写真の場所も、水路の中でした。赤い独特の花弁がきれいですね。


ツリフネソウがきれいです 


  ちょっと驚いたのは、赤い花の中に白い花があったのです。白いツリフネソウの花なんて、見たことがありません。突然変異なのでしょうか。

白いツリフネソウは珍しい 

  ツルボが群生していました。淡い紫色の穂状の花がきれいですね。

ツルボがいっぱい 

  アメリカセンダングサが花をつけ始めていました。この秋に各地に咲くのですね。ざっそうですが、細長い棘のような実は、引っ付き虫ですね。

アメリカセンダングサが咲き始め 

  下は、オオハンゴンソウの花です。湿ったところを好む種で、河川敷や湿地に繁茂します。ネットによると、地下茎でも増え、種からも増えるので、繁殖力が強く、特定外来種とした駆除の対象にされています。貴重な湿地植生がこれによって占拠されて、湿地の植物が駆逐されてしまう、という厄介な問題が起こっているのですね。駆除も、とても難しいそうです。

オオハンゴンソウがいっぱい 

  さて、21日は、長ノ山湿原への道を散歩しました。
  先ずは、庭の棚に実ったアゴヨウアケビをご紹介します。何年か前に、裏にアケビがたくさん生えていたので棚を作って這わせてのです。見事に実が生ったのですが、翌年には葉が混みすぎてカビのようなものが発生して全滅してしまったのです。そこで、数年前に表に棚を作ってアケビを植え、今はようやく成長して立派な実ができるようになりました。果実は生り年というものがあるようで、去年はほとんど実を付けなかったのですが、今年はものすごい数の実が生りました。そして色づいてきたのです。下の写真でその数の多さが分かると思います。色づいてきたと思ったら、割れ始めました。

アケビの棚にいっぱいの実が

  下の写真のように、4つの大きな実が付いていて、割れて中の種が見えます。その種が甘くておいしいのです。早速ヒヨドリがそれを食べに来ていました。

アケビの実が開いた 

  下の写真のように、8個の実を付けたものもあります。こんなにたくさんの実を付けたアケビは見たことがありません。

アケビの大きな実 

  小さな花ですが、下はヤブマメの花です。ツル性の草本で、マメ科の植物です。紫色と白の花がきれいですね。

ヤブマメの花がきれい 

  お隣の果樹園には、サンショウが植えられています。今、サンショウの実が真っ赤に色づきました。雌雄異株で、わが庭の雄株でサンショウは実が生らないのです。残念ですが。

サンショウに赤い実が 

  道沿いの田んぼのイネが見事に黄色く色づきました。まさに黄金の稲穂ですね。今、作手では稲刈りの真っ最中です。その色の美しさに圧倒されます。作手が一番輝く季節です。今年は大豊作のようです。作手のお米は美味しくて、街の人が契約して買い付けに来るそうです。

黄金の稲穂がきれい 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。