スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャノヒゲの花を初めて見た!ウメモドキの真っ赤な実がきれい!庄の沢湿地はミズギク、サワギキョウが美しい!

   庄の沢湿地に行く沿道で見た植物たちを紹介していますが、下の植物がジャノヒゲの花であることが分かりました。ジャノヒゲがブルーのきれいな実を付けることは知っていたのですが、どんな花が咲くのか、見たことも無かったのです。ようやくそれに出会えました。穂状にたくさんの花の集合ですが、花は真っ白で下向きに花が付きます。もっとアップしないとそれは分かりませんね。初めて花を見ることが出来て嬉しかったです。

ジャノヒゲの花が 

  なんと、ジャノヒゲの花が下の写真のように群生しているのです。これだけ多くの花が咲くと、きれいですね。

ジャノヒゲが群生し 

  ミズヒキが赤い花を咲かせていました。下のように群生していると、糸のように赤い花の付いた枝が交差して、とてもきれいです。

ミズヒキの花がきれい 

  下は、キンミズヒキです。同じミズヒキという名前が付いていますが、ミズヒキはタデ科タデ属の草本であり、キンミズヒキはバラ科キンミズヒキ属の草本というように、全く別の種類なのですね。葉の形も全く違います。知りませんでした。

キンミズヒキが咲いていた 

  そのすぐそばに、ヤクシソウが黄色い花をつけていました(下の写真)。久しぶりにこの花を見ました。わが家の裏山にも群生していたのですが、ここ2,3年見ていないのです。ちょっとした環境の変化で草本はいなくなってしまうのでしょうか。

ヤクシソウの黄色い花が 

  ウメモドキの実が真っ赤になる季節になりました。下の写真のように、真っ赤な実がいっぱい付くと、きれいですね。嬉しいです。秋になったのですね。


ウメモドキの真っ赤な実が 

  下は、ツルリンドウです。名前のごとくツル性の草本で、地表を這うように広がります。ピンクの花がきれいです。

ツルリンドウが咲いていた 

  湿地に入ったら、ヒメシロネに白い花が付いているのが見えました。湿地にしか生えない種です。対生の葉が交互に直行するように茎につきます。花はその根元に咲くのですね。

ヒメシロネが咲いて 

  サワギキョウが咲いていました。濃い紫色の花が、何と美しいのでしょうか。自然の造形美に心打たれます。これも、湿地にしか生息しない草本です。

サワギキョウの花が美しい 

  新聞記事にあったミズギクがまさに満開! その花の数の多さ、湿地に一面の覆う黄色の風景は、たとえようもなく美しいですね。

ミズギクの花が群生して 

ミズギクの花がきれい
 

  ミズギクの花が終わると、ウメバチソウが咲き始まます。そしてそれが終わると湿地の冬が訪れ、花は見られなくなるのですね。
 









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。