スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小呂湿地を初めて歩いた、ミソハギ、ヌマトラノ群生!サギソウが一輪!

  9月に入りました。暑い夏が過ぎ、秋になったのです。これからは秋の植物たちが花をつけ始めます。それを楽しみにしましょう。

  さて、岡崎の道根往還(古道)の続きです。奥の方の小呂湿地では、湿原植物を見ることが出来ました。名前は聞いていたのですが、初めての訪問です。
  湿地の木道を歩くなり、いきなり下の写真の赤い花の群落が目に飛び込んできました。ミソハギです。民家の植え込みに植えられているミソハギは何度も見たことがあるのですが、湿地に群生しているなんて驚きでした。湿原の植物だったのですね。図鑑の説明でも湿地の植物と書いてありました。ひときわ鮮やかな赤い花がきれいでした。その下の写真のように、無造作に湿原の中に生えているのです。お盆のころに咲くので、仏壇に供える花なのだそうです。そういえば、つい最近出会ったボクの友人がこの花を持って先祖のお墓に備えた、と話していました。

ミソハギが群生していた 

無造作にミソハギの花が 

  水田雑草のオモダカがたくさんの白い花をつけていました。

オモダカの花がいっぱい 

  下は、数は少ないですが、コバノギボウシの花です。淡い紫色の花がきれいでした。これも湿原の植物ですね。

コバノギボウシの花がきれい 

  この湿地には、ヌマトラノが一面に生えていました。ちょうど今、花の季節です。白い花が点々と咲いている風景は、湿地の風景ですね。

ヌマトラノオがいっぱい 

  下は、アブラガヤです。これも湿地にしか生えない植物ですね。群生していました。

アブラガヤが群生し 

  なんと、驚いたことに一輪だけ、サギソウが花をつけていました。下の写真です。サギソウは作手の湿地以外では見たことがなかったのです。わずか一輪ですが、この湿地にも育ってほしいものです。

サギソウが一輪だけ咲いていた 

  行きには気が付かなかったのですが、帰り道でカラスウリの実が生っていることを発見しました。カラスウリというのは真っ赤な実をつけるとばかり思っていましたが、写真のように縦筋が付いているのです。まるでやや細長いスイカのようです。これから熟していく段階で、真っ赤な色に変わっていくのでしょうか。黄色の実は、キカラスウリと言いますね。

カラスウリが実を付けていた


 カラスウリに実が 

  二回にわたって道根往還をご紹介しましたが、初めて奥の方を歩いてなかなか良い散歩道であることが分かって、嬉しかったです。結局、おもしろかったので2時間を超えるほど歩いてしまいました。近来にない長い時間の散歩でした。これから何度も、いろいろの季節のこの道を歩きたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。