FC2ブログ

和田集落、正伝院へ、見事なカヤの木!

  一昨日は、額縁を手作りするための材料を揃えるために、新城へ下りました。その帰り、この村のもっとも南の集落、和田に立ち寄り散歩しました。奥の方に、正伝院のお寺がありました。お寺の建物や雰囲気は、良いですね。里山の村人の精神的なよりどころとなってきたのでしょう。

和田の正伝院

   村人の素朴な信仰が、石仏として祭られています。この村は、とくに石仏が多い村として知られているそうです。

正伝院の石仏

   びっくりしたのは、大きなカヤの木が入り口に生えていたことです。太さは直径1mくらいはあるでしょうか。常緑の針葉樹で、トゲトゲの葉が手のひらのように広がり、大きな枝を作っています。カヤの木はわが家の裏山にも生えているのですが、こんなに大きく成長するのですね。みごとな枝振りです。

カヤの木

   下は、その根元を写したものですが、幹がくねくねと筋がついていて曲がりくねっています。樹齢はどのくらいになるのでしょうか。村の人に出会わなかったので、この寺の由来などを聞くことが出来ませんでしたが、歴史を感じさせられるカヤの木でした。

カヤの木の根本

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード