スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古生代に栄えたシダ植物、ヒカゲノカズラに胞子が、ミソハギ・ママコナの花がきれい!

 どこで見たかは忘れましたが、下のミソハギがきれいでした。美しい花に感動ですね。

ミソハギの花がきれい 

  道端のヒカゲノカズラに白い胞子の穂が出ました。ツル性のシダ植物で、地表を這うように広がります。広義のシダ植物で、巨大なコケと考えればよいと図鑑に書いてありました。白い穂は胞子で垂直に立ち上がります。地球の歴史の「古生代」は植物の時代と言われますが、その時代にはこれが繁茂していたと考えられ、それからずっと生き残ってきたと言いますから、驚くべきことですね。

ヒカゲノカズラは古生代にさかのぼる 

  リョウブに白い花が咲きました。この種は、作手でも個体数が多く、至る所に見られます。木肌がサルスベリのようで、広いまだら模様が特徴ですね。

リョウブの花が咲いた 

 下は、ツルウメモドキだろうと思います。区別がしにくいですが、葉の特徴から判断しました。独特の鋸歯があるのですね。

ツルウメモドキに実が付いた 

 長命湿地への散歩道の菅沼川の土手に、下の写真のオオマツヨイグサが群生していました。黄色い花がきれいでした。  

オオマツヨイグサの群生が 

  民家の植え込みに植えられていた花ですが、下のようにとてもきれいです。しばしば植え込みの花壇に植えられていますので、園芸種なのでしょう。種名は分かりません。

このきれいな花は 

  森の中にヤブデマリが赤い実を付けていました。遠くて近寄れないのですが、まるで赤い花が咲いているように見えました。きれいなのです。

ヤブデマリの見が花のようだ 

  下は、サワフタギだろうと思います。ものすごい数の実が生っています。これが秋にはブルーに染まることを考えると、その美しさに感嘆の声を上げると思います。その日が待ち遠しいです。

サワフタギに無数の実が 

サワフタギの実がいっぱい 

  下は、ママコナの花です。道端に咲いていたのですが、小さくて見落としそうでした。小さいですが、美しい花ですね。これも、別の場所ではほとんど見たことがないので、希少種なのでしょう。

ママコナの花がひっそりと 





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。