スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハグロソウを初めて発見!ナンバンハコベを見ました!

  下は、シュウブンソウだろうと思います。何本か枝分かれして、茎が四方に水平に広がる特徴が出ていると思います。花芽はついていないようです。どこにでも見られるという種ではないですね。

シュウブンソウが生えていた 

  前にもこの守義林道を歩いていて下の写真の植物を見たことがあるのですが、名前が分からなかったので紹介もしませんでした。今回、偶然に図鑑で見つけ、ネットで確認しました。ハグロソウです。対生のスマートな葉に、可愛らしい舌状のピンクの花をつけます。今回初めて同定できました。嬉しいです。

ハグロソウを初めて同定 

  前にここでオタカラコウの花を見たことがあったのですが、その場所に花はまだですが、その大きな葉を見つけました。30cmほどもある大きな心型の葉で特徴的です。花は真ん中から茎が出て、その先に黄色い花を付けます。それがきれいなのですね。沢筋などの水っぽいところに生えます。少し先を歩いていたら、下の方の沢の中にもたくさんの大きな葉が水辺を覆っていました。

オタカラコウの大きな葉 

 面白いと思ったのは、その葉の鋸歯(縁のギザギザのこと)です。下の写真のように、ギザギザの間隔が狭く、深いのです。こういう形の鋸歯はあまり見たことがありませんので、写しました。

オタカラコウの葉の鋸歯が 
  道端にナンバンハコベを見つけました。下の写真です。下を向いた丸い花なのですが、花弁が白くて細長く出ていて、先端が曲がっているのです。これもあまり見かけない種ですね。
ナンバンハコベは珍しい 

  まだ花は咲きはじめで小さいですが、下はアキノキリンソウです。もう少し時が経つと、茎に一杯黄色い花を付けます。アキノタムラソウは花が淡い紫色ですが、同じ仲間なのでよく似ています。
アキノキリンソウが咲いていた 

  アカソに花が付きました。大きな鋸歯が特徴の葉で、葉柄が赤いのですね。細いひも状の花芽が付き、小さい花が咲くのです。どこにでも見られる雑草です。

アカソの花が 

  下は、マタタビの実が付いているところを写した写真です。山の至る所に半夏生した葉が茂っているのを見かけますが、それがマタタビです。ツル植物で、頼りになる木に巻き付いて高いところまで登っていきます。半夏生しているのでよく目立ちますが、実はなかなか見つけられないのですよ。

マタタビの実が付いていた 

  下は、オニドコロの花ではないかと思います。ヤマノイモの仲間ですが、ヤマノイモは葉がもっと細長いですね。同じ仲間にタチドコロがありますが、葉の肩の部分が出っ張っています。みなツル性の草本です。

オニドコロに花が 

  下は、コゴメウツギです。これもあまり見かけない植物ですね。作手では3箇所くらいしか見たことがありません。葉の形が独特で、下に垂れるように花が咲き実が付きます。チラッと実が見えますね。

コゴメウツギに実が付いた 





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。