スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシの美しさにほれぼれ!アゲハの幼虫もきれい!リョウブに花が!

 先回はHさんの雑木林でバイケイソウを見たことをお話ししましたが、Hさんはコナラの木のカブトムシのところを案内してくださいました。子どもたちのあこがれの的であるカブトムシが樹液を吸いに来ていました。下の写真のように、見事な色と光沢ですね。美しい昆虫です。

カブトムシがコナラの根元に 

  カナブンも来ていました。コナラの木は樹液が豊富なのですね。昆虫にとって、その樹液はよほど美味しいのでしょう。カミキリムシもコナラに幼虫を産み付けますね。

カナブンがいた 

  もう一つは、ミカンの木にアゲハチョウの幼虫が葉を食べていました(下)。Hさんの連れ合いは、「昆虫の好きな人がこれは〇〇という昆虫で、貴重だから殺さないでほしい、と言われて葉を食べるのに任せているのですが、あっと言う間に若い葉が食べられてしまうのです。昆虫が大事か、ミカンの実が生るのをだいじにするのか、困ってしまいます」と嘆いていました。図鑑を見たのですが、キアゲハまたはミヤマカラスアゲハなどアゲハの仲間の幼虫であることは確かですが、種の同定は難しいです。

アゲハの幼虫が 

  マツムシソウがいっぱい咲いていました。淡い紫色の美しい花です。

マツムシソウ二輪 

  花が終わると、下の写真のようにマツムシソウの実が生るのですが、真ん丸なのですね。

マツムシソウの実が 

    お隣の畑にきれいな花が咲いていました。連れ合いが教えていただいたけど、名前を忘れてしまったということで、僕もわかりません。根のイモを食べるのだそうです。

アディオス根にイモ 

  開成地区への散歩道を歩いていたら、クズに花が付き始めていました。時がたって成長すると、もっと大きな鮮やかな花になるのですが、出始めは小さいですね。

クズの花が出始めた 

  下のようにヤブカンゾウが群生しているところがありました。オレンジ色が鮮やかな花ですね。

ヤブカンゾウ群生 

  下は、ヌルデに花が付き始めたところを写しました。羽状複葉で茎に翼がつく独特の葉ですのですぐにわかりますが、花の付き始めはまだ細いですね。

ヌルデに花が 

  ネムノキの巨木が大きな枝を張っていたのですが、花の季節なので、木全体がピンク色に色づいていました。これも、壮観ですね。

ネムノキの巨木が 

  下は、リョウブが花をつけたところを写しました。少し黄色がかった白い花がよく目立ちます。

リョウブに花が咲いた 




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。