スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄ノ沢湿地のトキソウ、サワランがきれい!コアジサイが満開で美しい!

   庄ノ沢湿地の続きです。下は、普通のニガナではなく、湿地に生えるのはハイニガナと言います。

ハイニガナがあった 

  ノアザミの花が色鮮やかでした。今、各地でノアザミが咲いていますが、こんなに色が鮮やかなのはあまりありません。

ノアザミがきれい 

  キンモンガが葉に止まりました。羽の模様が斬新ですね。とてもきれいです。

キンモンガがきれい 

  今回の見学会の一つの目玉は、トキソウです。サギソウと並んでラン科の代表的な草本です。群生するほどたくさん咲いていました。その花は、下の写真のように清楚で美しいので、多くの人の心を引きつけるのですね。

トキソウがきれい 

  湿地にサワランが咲いていました。幻の花と言われるくらい、めったに見られない種です。この湿地に咲いているのは初めて見ました。遠くに咲いていたために、望遠でも下がやっとです。もっとアップして写したかったのですが、・・・。

幻の花サワラン 

  ノハナショウブが咲き始めました。まだ2,3株ほどしか見られませんでしたが、これから次々と咲くでしょう。美しい湿地の花です。

ノハナショウブが咲いた 

 下の写真の白いものは、ネジキの花です。枝下に、びっしりと並んで白い花がついているのです。まるで人の白い歯のようですね。

サワフタギに実が付いた 

  コアジサイが満開の季節となりました。この湿地の奥の山には、斜面全体がコアジサイで占められている場所があり、その一厘を写したのが下の写真です。淡い紫色の花が美しいです。バックが黒いので、ひときわ目立ちますね。

コアジサイに美しさ 

  下は、クロミノニシゴリの花です。サワフタギとよく似ていて区別ができないほどなのですが、花の色が白ではなく黄色であること、花の季節がサワフタギよりも少し遅れることが違いです。サワフタギは花は終わって実が付き始めました。もう一つは、サワフタギの実はブルーですが、これは黒く熟します。クロミノというのはそこから名づけられたのでしょう。

クロミノニシゴリに花が 




















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。