ハラビロトンボのメス、ヤマウルシ、イボタノキ、イタチハギ、ツクバネウツギの花が!

  庄ノ沢湿地で、下の写真のハラビロトンボのメスを見ました。腹が太いのでその名がついたのですね。湿地や沼地にしか生息しません。オスは黒っぽい色です。

ハラビロトンボのメスがきれい 

  ヤマウルシの花が咲いていました。葉柄が赤い羽状複葉の葉の根元から房状の黄色い花が垂れ下がります。きれいです。

ヤマウルシの花が 

   今、イボタノキの花が満開で、各地に咲いています。数年前は名前すら知らなかったのです。白い花は、小さなラッパ状の花の集合なのです。もっとアップしないとそれは分かりませんね。葉が丸っこいのも特徴です。

これは何? 

  ヒメウラナミジャノメが草に止まっていました。ジャノメチョウの仲間ですが、羽のジャノメ模様がきれいなのと、波打つような模様がきれいです。

ヒメウラナミジャノメがきれい 

  イタチハギが群生しているとことがありました。昔、砂防用にアメリカから導入された種で、繁殖力が強く、群生して他の植物を圧倒してしまうそうで、環境省により侵略的外来種と指定されたいます。花は毒々しいほどの美しさです。

イタチハギが群生して 

  ツクバネウツギがきれいに咲いていました。ピンク色のラッパ状の小さな花で、とてもきれいなのです。花の後ろに5枚の顎がありますが、それが羽子板遊びのツクバネに似ていることから名づけられたと言います。今、各地に咲いていますが、花が小さいのでよく見ないと見逃してしまいます。

ツクバネウツギがきれい 

  下は、ニシキギに花が咲いているところを写しました。秋の紅葉が美しいので、庭の植え込みなどに植えられていることが多いですね。枝に翼がつくのも大きな特徴です。

ニシキギに花が 

  一週間ほど前、本宮の湯の東の谷を歩きました。途中に花壇があり、そこに植えられていた植物が下の写真です。独特の姿といい、鮮やかのオレンジ色の花といい、とてもよく目立ちます。しかし、名前は分かりません。園芸種なのでしょう。何度か花壇に植えられているのを見たことがあります。どなたか、教えてください。と書きましたが、読者からトリトマと教えていただきました。「南アフリカが原産です。わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。高さは60~90センチになり、線形の長い葉が束生します。縁には細鋸歯があります。6月から10月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、筒状の花を咲かせます。」とウェッブサイトにありました。ご教示を感謝します。

このオレンジ色の花は? 

  その花壇に、モンキアゲハが飛んできて、赤い花に止まりました。黒い羽根の中央に白い斑点があるのが特徴で、後羽の赤い模様も含めて、実に美しいチョウですね。自然の造形美にかんどうです。

モンキアゲハが美しい 

  下は、ムラサキシキブに花芽がついたところを写しました。もうじき淡い紫色の花が咲きます。秋には、鮮やかな紫色の実がつきますが、それがとても美しいのです。僕の大好きな植物です。

ムラサキシキブに花が咲いた 




スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
画像検索で伺い、トップページを拝見させていただきました。
おたずねの植物(オレンジ色の穂状の花)はトリトマだと思います。面白い造形ですよね。南アフリカ喜望峰が原産だとか。なるほどエキゾチックな花です。
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%9E

画像で探しておりましたのは,ウラギンシジミです。
たまたま今日、拙宅の庭で見かけ名前を知りたくて調べていました。
昆虫でも花でも、名前がわかると嬉しいものです(*^^)v
ありがとうございました。
非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード