スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニウツギ、シジバリ、コマユミ ツリバナ、サワフタギがきれいだった!

     村を歩いていたら、農家の庭先に、下の写真のヒイラギナンテンの実がついていました。緑いろの実が素敵です。秋に黒紫色に熟すのですね。それもきれいです。

ヒイラギナンテンの実がたくさん

  道端に、下の黄色い葉の植物がはびこっていました。ツルマンネングサです。地面を黄色く覆うツル植物です。一面に覆うと、とてもきれいなのです。

ツルマンネングサが生えていた

  5月18日の月曜日は、作手の道の駅、手作り村に車をとめて、鬼久保広場への道を散歩しました。その途中に、下の写真のようにピンクの花をいっぱいつけている樹木がありました。タニウツギでした。あまりに見事に咲いているので、自然のものか植えられた栽培種かは分かりませんが、実に美しいのです。花をアップしても見事です。タニウツギを目的に散歩をしたので、あまりに早く出会って、感激するなり驚くするなりで、ちょっとびっくりしたのです。

タニウツギが満開

タニウツギがきれいです

  下はジシバリです。ニガナの仲間ですね。こんなに見事に地表面を覆っている様子は、とても楽しく見れますし、美しいです。

ジシバリがきれい

  もう一つ珍しく思ったのは、昔岡崎で見た前に話したことですが、ヤブジラミがたくさん生えていたことです。道端の窪地に群生していました。

ヤブジラミが生えていた

  下は、コマユミだろうと思います。ニシキギの仲間で、ニシキギは枝に翼が付きますが、翼がつかないものをコマユミというのだそうです。小さい黄色い花が咲いていました。

コマユミではないか

  下は、ツリバナです。たくさんの小さな花を付けていました。ツリバナと判断したのは、枝から垂れ下がる花の花序のかたちが、ツリバナの実とよく似ているからです。

ツリバナが花を

  ツリバナの実の吊り下がり具合を、言葉で表現するのはとても難しいです。植物の特徴を言葉で表現することの難しさを痛切に感じています。

ツリバナがきれい

  下は、今咲き始めたサワフタギの花です。花の形だけでは同定はかなり難しいのですが、葉の形が先端の方に幅の広い部分があることで区別できます。よく見なければ分からないでしょうが、・・・。

サワフタギの花と葉

  この日も、雑木林は、オオルリ、キビタキ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、ムクドリ、ヒヨドリなどの鳴き声がこだまして賑やかでした。山を歩く楽しみの一つは、山の小鳥たちの合唱ですね。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。