スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナイカダを初めてきれいに写真で撮影できました!守義リンドウはヤブウツギ街道?

  散歩の順番からすれば、岡崎での散歩の時に写真をお見せするのが順番でしょうが、是非とも早くお見せしたい植物がありましたので、順序を入れ替えて最近の画像をご紹介します。
  一昨日の昼間、写真にハナイカダを写したいと出かけました。というのは、その前日に見に行ったのですが、夕方であって暗い人工林の中で光の量が足りなくて、ピンボケの写真しか撮れなかったからです。明るい昼間を選んで正解でした。ハナイカダは、葉の真ん中に花を咲かせる、という珍しい植物です。下の写真の葉の真ん中に付いているのが花です。枝から花芽が出るとか、枝先から花芽がつくのが普通の植物ですね。葉の真ん中に花を付ける植物なんて、聞いたこともありません。でも写真のように、現実に存在するのですから、不思議なことがあるものですね。


ハナイカダを写した

ハナイカダの花が

  そのすぐ傍にあった草本で、下の写真のように5枚葉が輪生しています。ゴヨウアケビとは葉の形が違いますし、ツル植物ではありません。こんな草本は、ボクは見たことがないのです。ご存知の方はお教えくださるようにお願いします。

この5枚葉輪生の草?

  下の写真の植物も、ボクは見たこともありません。枝先に白い針のような、或いは毛のような花が咲いています。珍しいですね。これもどなたかご教示ください。

毛のような花は?

  その後、守義林道の奥の方を歩きました。その沿道には、驚くほどたくさんのヤブウツギが赤い花を咲かせていました。ヤブウツギ街道とでも称したいほどです。下の写真がその一部です。

ヤブウツギがいっぱい

  ナガバヤブマオがたくさん生えているところがありました。初めてこの種を見つけたところです。生え出たばかりのようで、花は付いていません。普通のヤブマオのように見えますが、枝先の葉は丸くはなく細長いので、その名が付けられたようです。その後、作手には各地に生息することを確認しています。

ナガバヤブマオが生えて

  下の写真は、ナガバヤブマオが群生している様子を写したものです。成長すると、高さがボクらの背丈よりも大きくなります。


ナガバヤブマオ群生

  花がひと房だけ咲いたフジがありました。フジの花はたくさんの花房が重なり合うように咲いているのですが、一輪だけ咲いているというのも、また風情がありますね。

フジの花がひとつ

  下は、ウワミズザクラの花が終えて、実が付き始めたところの様子です。秋には色とりどりのみになり、とてもきれいなのですね。ボクの大好きな実です。

ウワミズザクラ実が付いた

  ヤブデマリに花が咲き始めました。白いのは装飾花で、本来の花は装飾花に囲まれた真ん中の部分で、そこに雄しべが見えますね。それが花です。

ヤブデマリに花が  




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。