スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニワトコなんて珍しいですね!コナラが芽吹き、新緑となりました!チゴユリがきれい!

     菅守小学校への散歩道で、学校の少し南の橋のたもとに、白い花をいっぱいつけて低木がありました。去年見たニワトコです。スイカズラ科のニワトコ属です。始めはなかなか種類がわからなかったのですが、図鑑でようやく見つけました。葉は対生で奇数羽状複葉、小葉の先端は尖り、根元はゆるいくさび形。葉の形がとてもきれいです。下の写真のように、花は3~5月で、直径3~10cmの円錐花序をだし、数mmの多数の小さな白い花をつけます。夏には赤みのある実がたくさんつきます。

橋のたもとにニワトコの花が

  それをアップした写真が下の2枚です。花がきれいですね。滅多に見られない種です。作手ではここが初めて見るところです。

ニワトコの花が

ニワトコの花をアップ

  下は、キンポウゲです。これは別名で、本名はウマノアシガタと言いますね。黄色くて丸い5枚の花弁がきれいです。葉の形も独特ですね。

ウマノスズクサでは

  下は、モミジガサです。イロハモミジの葉のように、葉が5列して、イロハモミジにそっくりですね。真夏の8~9月に白い花をつけます。若葉は山菜としても食用にされると聞いていましたが、作手の農協で売っていましたので買った来ました。まだ食べていませんがどんな味か、食べるのが楽しみです。

モミジガサが生えて

  下は、カキドオシです。シソ科のカキドオシ属です。花のあとはツル上になり、垣根を通り抜けて伸びることからその名がついたと言われます。ムラサキサギゴケと似ていますが、丸い葉に鈍い鋸歯があることが特徴です。

カキドオシの花がきれい

  ここにも、ウワミズザクラが生えていました。下の写真です。見事に花がたくさんついていました。

ここにもウワミズザクラは

  コナラに雄花が垂れ下がっていました。こんな花がつくのですね。まだつぼみのようです。

コナラの雄花は

  今、作手はコナラが芽吹き、新緑に入りました。個体数の多いコナラが芽吹かないと新緑は始まらないのです。淡い黄緑の色がとてもきれいです。そのうちにもっと濃い緑になって、新緑は終わるのですね。つかぬ間の新緑です。

コナラの新緑が

  チゴユリが群生しているところがありました。下の写真のように。チゴユリは下を向いて花を咲かせますので、なかなか花の内側を見ることができないのです。しかし、この場所はコンクリート壁の上でしたので、下から見上げるように写すことができました。

チゴユリ群生し






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。