スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキワハゼ、水芭蕉が湿地に!ジロボウエンゴサク、ムラサキケマンが咲いた!シロモジが開花!

   春を探しに各地を散歩しています。もう春たけなわですので、そろそろ終わりにしたいと思っていますが、やはり枯葉の原に植物の花に出会うと嬉しくなるのです。一昨日は作手の城山公園を歩きました。そこで、下のトキワハゼの花を見つけました。優美できれいな花ですね。

トキワハゼの花が

  城山公園を選んだのは、前に意外なほど早くミズバショウが咲いていたことを思い出して、それを確認したかったからです。ミズバショウというと、5月ないし6月の花と思っていたので、意外だったのです。確かにミズバショウが白い花をつけていました。しかし、写真のように金網に覆われていました。おそらくシカに食べられてしまうのでその防御のためなのでしょう。ちょっと興ざめですね。、

檻に囲まれたミズバショウ

ミズバショウのはなが

  下は、ムラサキケマンではないかと思ったのですが、花の数が少ないので、ジロボウエンゴサクと分かりました。きれいな花です。

ジロボウエンゴサクの花は

  驚いたことに、そのすぐ近くに、ムラサキケマンの花が咲いていました。下の写真のように、花が茎の先端付近に多く集まる点がジロボウエンゴサクとの違いです。花はとても良く似ています。


ムラサキケマンの花が

  この公園には大きなミズキが何本も生えていて、花の季節には白い花を楽しんでいたのですが、そのミズキに新芽が出始めました。すべての枝先に赤と緑の新芽が出ている様子は、実に美しいです。

ミズキの新芽が

  ミズバショウと言えば、作手では鬼久保広場のほぼ中央にある湿地にも咲いていたことを思い出し、そこに行ってみました。確かに咲いていました。ここでは金網で守られるようにはなっていませんが、湿地全体を網で囲って守っていました。小さな谷沿いの湿地にたくさんのミズバショウが白いは名をつけていました。

鬼窪湿地のミズバショウ

ミズバショウの花がきれい

ミズバショウの花の道

  シロモジが黄色い花をつけました。シロモジは落葉低木で、作手では一番個体数が多い種です。ここにもたくさんのシロモジが生えていますが、その全ての木に黄色い花が咲くのです。暗い森の中に華やかな黄色の花がさくと、とてもきれいなのです。花をアップしたのが下の写真です。黄色い花の真ん中から緑色の尖ったものが飛び出ていますが、それが新芽です。開花とほぼ同じ時期に葉が展開します。それもまた、きれいなのですね。

シロモジの開花が

シロモジの花がきれい

  この続きは次回に回します。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。