スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊橋の自然史博物館で恐竜の化石の骨格を見てきました。面白ーい!

  豊橋の自然史博物館の前の庭に展示された実物大の恐竜の模型を見てきました。もうひとつだけ。下はイグアノドンです。怖そうですね。

イグアノドンが

  さて、自然史博物館の中に入ってみましょう。自然史という言葉は、自然の歴史という意味ですが、生き物を含めて自然は地層にその痕跡を残します。いわゆる化石ですね。それを調べることによって自然の歴史を解いていくのです。化石というと古生物だけと思いがちですが、その他にもあるのです。それらの化石を集めて、古い自然の歴史を復元してみようというのがこの博物館の趣旨です。初めて入ってみて、驚きました。恐竜ばかりでなく、いろいろの時代の生き物や自然が実に学問的に展示がなされていて面白いのです。一日中見学しても時間が足りないほど豊かな内容の展示でした。

自然史博物館

  先ずは恐竜から。下はトリケラトプスの骨格の復元です。各地で発掘されている骨から復元しています。外に飾ってあった模型は、このような骨格から肉をつけて復元したものです。

トリケラトプスの骨格

  下は、ティラノサウルスの頭部の骨格です。すごい鋭い歯ですね。

ティラノサウルスの頭の骨

  広い部屋に、ブラキオサウルスとティラノサウルスなどの骨格標本が展示されていました。その上にあるのは、空を飛ぶ恐竜の仲間でしょうか。皆、すごい迫力です。

ティラノサウルスとブラキオサウルス

  ステゴサウルスの骨格標本も見事ですね。

ステゴサウルスの骨格

  小型の、下のような恐竜もいたのですね。恐ろしい姿です。

こんな恐竜も

  恐竜以外にも、各時代の代表的な生物化石が展示されていました。古生代のものから新生代のものまで、実に豊富な資料を展示してあって、とても興味深く見学しました。
 下は、縞状鉄鉱層と言って、古生代のある時期、地球に鉄分が多かった時代に海底に貯まった鉄分の地層の写真です。


縞状鉄鉱層

  それを切り取った実物をアップしたのが下の写真です。赤と黒の縞模様がきれいですね。

縞状鉄鉱層のアップ

  新生代に入って、下のような爬虫類がいたのですね。

 小型の恐竜も

  時間がなくてゆっくりと見学できませんでしたが、映画を上映したり、いろいろと興味ある仕掛けがなされている博物館でした。次回は、時間をとって見学したいと思いました。孫と一緒に恐竜漬けの毎日でしたが、面白かったです。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。