スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノシシよけの防護柵を作った!春を探す その5 アカシデの雄花が!ヤブデマリの新芽が!タチヤナギの雄花が!

  先回、生ゴミを入れるコンポストがイノシシに荒らされたことをお話しましたが、またやられました。コンポストが再びひっくり返されてゴミが散乱していたのです。これでは困ると、防護柵を作りました。下の写真のように廃材などで囲いました。びくともしません。これならイノシシも歯がたたないと思います。昨日は何も起こらなかったので、この防護柵が効をそうしたのだと思います。

ガードしたコンポスト

  今、東京に住んでいる息子夫婦の子ども、すなわちわが孫が「山村留学」と称して来ています。小学1年生、もうじき2年生になります。一週間ほどの滞在ですが、可愛くて仕方がありません。雨の日以外は色々と外に遊びに行きます。昨日は、岡崎の東公園の実物大の恐竜の展示を見てきました。その迫力はすごかったです。そして子ども美術博物館に行って粘土をこねて恐竜を作ってきました。孫は大喜びでした。

  さて、わが家は薪ストーブを使っているのですが、暖かくて良いものの、薪の調達が大変な労力がかかることをお話しました。でも、薪だけではよく燃えないのですね。焚付が必要になります。小枝や木材を細かく割ったものなどがないと、薪に燃え移ってくれないのです。去年発見したのですが、スギの枯葉が焚付に最高なのです。パチパチと音を立てて萌え、火持ちもよいのです。だから薪に燃え移りやすくなるのですね。山にはスギがたくさん植えられており、どこの林道にもスギの枯葉が落ちているのです。それを集めに、孫と一緒に菅沼の奥の林道に出かけました。下の写真のように、大きなお米の袋に枯れたスギの葉を集めました。


スギの枯葉集め1

スギの枯葉集め2

  さて、昨日は長命湿地への道を、春を探しに散歩しました。最初に出会ったのが、下のアカシデの雄花です。いつもこの季節に、茶色っぽい雄花が垂れ下がります。もう少しすると、赤い冬芽が割れて、中から緑色の新芽が出てくるのですね。それがきれいなのです。

アカシデの雄花が

  Hさんの雑木林でショウジョウバカマが咲いたことをお伝えしましたが、道端の湿ったところにも花が咲き始めました。日あたりの条件などによって、花が咲く時期は違うのですね。

ショウジョウバカマが道端に

  下は、ヤブデマリの新芽が出始めたところです。これから葉が展開するのですね。こんな時期の植物を注目することはほとんどないですね。開花までが楽しみです。

ヤブデマリの新芽が

  沿道にキブシの大きな木があり、黄色い花のすだれが垂れ下がっていました。こんな場所にキブシが生えているなんて、何度も歩いているのに気が付きませんでした。

キブシのすだれがきれい

  沿道にタチヤナギがたくさん生えている場所があります。そのタチヤナギに雄花が咲き始めました。独特の姿ですね。

タチヤナギのべなが

  今、野原にはナズナがいっぱい咲いています。どこにも生えている雑草ですが、白い花はきれいですね。別名ペンペングサと言いますが、下の写真のように果実が三角形をしており、三味線のバチに似ていることから、ペンペン草というのだそうです。

ペンペングサ

  お隣の果樹園のプラムにつぼみが付き始めました。つぼみの色が黄緑色なんて、メスらしいですね。桜の開花とほぼ同じ頃、桜に似た花を付けます。開花はもうじきですね。

プラムのつぼみが






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

coppice(雑木林)

森楽、flutevioline

Author:森楽、flutevioline
退職後、都会生活ばかりだったボクにとって田舎の自然豊かな里山の生活は、新しい発見の連続で楽しい! 自然の写真が満載です! また、こんな老い生き方があることを示したみたい!

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。